日本の素人女性の売春が一般化したのは1996年以降だと言われている。ちょうどその頃に「援助交際」という言葉が一般化したように、日本では歴然とした売春の流行があった。

当時の15歳〜20歳だった援助交際世代の女性たちは、今、30歳から35歳になっている。

この世代は、まわりに売春のある日常を過ごしていた。当然、昔の女性(彼女たちの母親の世代)と根本的に違うのは当然だ。

......