フィリピン編
フィリピンの売春地帯は、とても退廃した世界だ。しかし、そんな売春地帯に、チェリーと呼ばれるとても若い女性たちも普通に働いている。

チェリーというのはフィリピンの売春地帯では「処女」を指す。

信じられないことかもしれないが、これほど退廃した世界の中で、チェリー(処女)が「自分は処女である」と公言しながら売春地帯で働き、それを店も男も認知する。

それがフィリピンの売春地帯である。

しかし、フィリピンにしばらくいると、何となくそれが当たり前のようになってくるから不思議だ。

この国の宗教観と、この国の貧困が、ふたつ混じれば、このようになってもおかしくないと外国から来た男も何となく納得する。

......