タイ編
ある飼い犬が、臭いを頼りに何百キロも離れた場所から飼い主のところに戻って来たという話はよく聞く。

また、親から引き離された子犬は、親の匂いの染みついた毛布があると、安心して眠るのだという。動物は、とても鋭い嗅覚を持っている。

人間はそんな鋭い嗅覚は失ったが、幸いなことに完全に嗅覚を失ったわけではない。

さまざまな匂いを嗅ぎ分けることができて、嫌な臭いに顔をしかめることも、良い匂いにうっとりすることもできる。

そしてある匂いは、人にとっては懐かしい過去を追想させるものでもある。

......