22歳のモニカ・ルインスキーとクリントン元大統領は明確に浮気していた。モニカの青いドレスにはクリントン大統領の精液が付着し、クリントン大統領の血液と、精液のDNAは一致した。

しかし、クリントン元大統領はこのように言っていた。「アメリカ国民の皆さんに、これだけは申し上げたいと思います。どうか私の言葉に耳を傾けて下さい。私はあの女性、ミズ・ルインスキーと性的関係は持っていません」

弾劾公聴会ではこれが嘘だったのかどうかが激しく問われたのだが、結果は誰もが知っている通り、「無罪」だった。

間違いなく22歳のモニカと楽しんでいたこの大統領の「モニカと性的関係を持っていない」は嘘にならなかった。そして、それは「厳粛な裁判の結果」、確かに嘘ではないと認識されている。

いったい、クリントン元大統領と辣腕弁護士は史上空前の絶体絶命をどう逃れたのか。

......