2001年、ニューヨークで国際エイズ総会が開かれていたとき、当時のナイジェリアのオバサンジョ大統領は衝撃的な演説をした。

「このまま放置しておけば、アフリカ大陸の全人口が絶滅する」

乱脈な不特定多数とのセックス、コンドームを使わないセックス、性教育の不備、男女差別、エイズ患者の偏見、貧困。

このすべてがアフリカにあり、特にナイジェリアでは危機的な状況に陥っていた。

この後、様々なエイズ防止プログラムが発動されており、アフリカの34ヶ国ではHIV感染率は少しずつ減少している。

しかし、ピークから横ばいでまったくHIV患者が減らず現状維持に終始している国もある。それがナイジェリアだ。

......