ある年の春、タイの東北部の小さな街、ピーマイからコラートに戻って、この郊外の静かな街に一泊した。そのとき、ひとりの女性と知り合った。

彼女はまだ20歳にもならない歳だった。妊娠していて、とてもお金に困っていた。

「バンコクに行きたいけど、行くお金もないの」

私が明日バンコクに戻ると言うと、一緒に連れていってくれと投げやりに言った。

お腹を見るとすでに妊娠6ヶ月ほどの大きさになっている。ゆったりとした服を着ていても彼女のお腹が大きく膨らんでいるのが分かる。

......