貧しい国家の女性が、貧困から逃れるために外国人男性と結婚して生きていく。そんな哀しい姿は、世界のどこでも見ることができる。

1945年、敗戦してすべてを失った日本でも、戦勝国アメリカの兵士に群がって生きていこうとしていた女性をまだ覚えている日本人もいるかもしれない。

1990年代、経済破綻したロシアでは、多くの女性が世界中の外国人男性に嫁いでいった姿を知っている人もいるかもしれない。

現在のヨーロッパでは、東欧の女性たち、主にモルドヴァやルーマニアの女性が、そういう目に遭っていることを知っている人もいるかもしれない。

国が破綻すれば、あるいは国が貧困に転がり落ちたら、どこの国でも女性は「国際結婚」するのである。

......