欧米ではタトゥーを入れたからと言って、日本のように社会的なペナルティーは無に等しい。

たまにどこかのギャングや極右が、グループの結束のために全員同じシンボルのタトゥーを入れることがある。たとえば、ナチスの鍵十字を入れたりする人間もいる。

しかし、それはタトゥーが問題だというよりも、シンボルが問題にされているだけだ。

普通のタトゥーというのは、単なるオシャレか、自己表現の一部である。だから、欧米では、一般の人間でもかなり手軽に入れているのは間違いない。

......