「花の命は短い」という言葉がある。これは女性の華(はな)である時間はとても短いというのを表す言葉である。

誰でも歳を重ねていき、皮膚も老化していけば動作も緩慢になっていく。若さは誰でもいずれは衰えてしまう。

先進国の娘も後進国の娘も、男も女も、金持ちも貧者も、共に歳を取る。あらゆる現象の中で、老いと死だけは平等だ。

アンチ・エイジングだと言ってどんなに抗っても限界はある。老いは隠せない。

若さに未練がある女性であればあるほど、逆に厚化粧で老醜が目立つようなことになってしまう。

そこで一部の女性は整形手術に走る。しかし、整形手術で顔だけを若返らせても、全身の機能まで若返るわけではないから、結局奇妙な印象を与える。

......