2013年7月10日、群馬県伊勢崎市に住む塩沢素子という42歳の女性が逮捕されている。

彼女は覚醒剤で逮捕されているのだが、どのようにカネを捻出していたのかを警察が調査したところ、16歳の自分の娘と、その同級生に売春をさせていたのが発覚した。

売春代は彼女が取り上げて、娘には1日1000円の小遣いを渡していたのだという。

これとよく似た事件が2年前に起きていた。2011年8月17日なのだが、北海道札幌市の自宅マンションで、やはり42歳の女性が逮捕されていた。

この女性もまた、自分の娘を小学校6年生の頃から売春させていたという。娘は売春代を全額母親に渡して、覚醒剤を打ってもらっていた。

2008年に岩崎将好という和歌山県美浜町町議が15歳の少女と性行為をしたという罪で逮捕された事件でも、相手の15歳の少女は、母親に売春を強要されていたことが分かった。

......