かつて日本は貧しい国であり日本中に赤線地帯・青線地帯と区分けされた売春地帯が広がっていた。

からゆきさんに見られるような海外売春さえ存在し、彼女たちは、東南アジア各国に散っていった。(からゆきさん(1)シンガポール史の裏面に、明治の女性の影

日本の初代首相である伊藤博文の妻も、置屋の芸者あがりの女性だった。彼女の名前は伊藤梅子と言った。歴史的にも非常に評価の高い首相夫人だった。

貧しい社会では、どこの国でも女性が売春ビジネスに堕ちていき、底辺でもがきながら生きる。日本でもかつてはそうだったし、現代でも貧困国は売春女性を大量に生み出している。

東欧でもモルドバなどの国家では女性が貧困に堕ちて哀しい人生を送る。(モルドバから来た娼婦。雨が降ったら、それはお母さんの涙

しかし、社会が豊かになれば男に媚びる必要性がなくなり、男女同権の意識は売春地帯を消し、売春する女性は静かに減少していく。

そういった歴史を踏まえて、考えて欲しいことがある。

......