欧米でもそうだが、未成年はアルコールが禁止だ。しかし、すでにアルコールの味を覚えた少女もいる。

こういった少女は隠れてアルコールを飲むが、そうすると口臭でバレる。

口臭を何とか消したとしても、アルコール検知器で息を取られたらやはり検出されてしまう。

未成年のアルコールとドラッグは学校では厳しく処分される。そこで、数年前から欧米の女子高生の間では、検出されずに酩酊することができる「ある方法」が開発された。

この方法は非常によく大人の目をごまかせて、かつ効果的に酔うことが可能だったので、闇から闇へと伝わっていった。

一時はアーバン・レジェンド(都市伝説)化していたのだが、やがて酩酊した少女が実際に救急搬送されるようになって、大人たちは何が起きているのかを知った。

少女たちはどのようにして、アルコールで酔っていたのか。

......