一度、合法化という大きな流れができると、それはもうとどまることを知らない怒濤となって突き進んで行く。

マリファナは2012年12月にコロラド州とワシントン州の両州で使用が合法化されたが、そこから人々の意識は大きく変わり始めているのだ。現在では、さらに7州が合法化に向けて動き出している。

もちろん、これについては大きな議論がある。依然として反対派の力も強く、絶対に何が何でも容認しない州も出てくるだろう。

実際のところ、このマリファナ合法化は、アメリカにとって良い歴史になるのか、悪い歴史になるのか、もう少し時間が経たないと誰にも分からない。(アメリカのマリファナ合法化。吉と出るか凶と出るかは未知数

しかし、問題はそれが良いか悪いかではない。

人は別に意見を一致させる必要はない。時代がどの意見を採用するかで世の中は変わっていくのであって、選ばれた意見が世界を変える。

......