閲覧注意
男と女は肉体が違うと同時に、性格も違う。これは当然のことであって議論の余地はない。

この肉体や性格の相違を、差別だとか不平等だとかと社会問題に結びつけるのは議論のすり替えだ。違いは違いとして認めるべきであり、それは認識すべき問題でもある。

一般的に「男は凶暴で、女は穏やかだ」というのも真実だ。個別に見ると優しい男も、凶暴な女も存在するが、全体で見ると性格的な違いは顕著な違いを見せる。

この本質的な肉体と性格の相違は、男女がセックスでつながるときに「奪う性と屈服する性」につながっていく。

凶暴な男は、常に女を虐げる側になる。優しい女は常に男の強引な暴力に屈服する側になる。

女は男よりも筋量がない上に優しさを兼ね備えているので、男たちはそれを良いことに、社会的にも文化的にも女たちを徹底的に隷属させてきた。

......