彼女はケニア人の19歳の女子学生だ。彼女は厳しい両親に育てられて、その時まで処女で過ごしていた。彼女にはボーイフレンドができたが、両親の教えを守って処女を守り通した。

2013年9月22日、彼女は大学の先輩たちと一緒にクラブに行ってパーティーを楽しみ、踊り、アルコールを飲んだ。彼女は酔っていた。二度目のパーティーに向かった後、彼女の記憶は消えた。

次に気が付いたとき、彼女は裸でベッドの上にいた。大学の先輩がそばにいた。下腹部は痛み、自分が意識のないまま、この先輩に犯されたのは明白だった。

彼女が真っ先に聞いたのは、コンドームを使ったのかどうかということだった。その男は使ったと言った。

しかし、彼女はシャワー室に向かってシャワーを浴びたら、下腹部から精液が流れた。男が言ったのは嘘だった。コンドームは使われなかった。

彼女は妊娠とエイズの恐怖におののいた。彼女は激しく動揺し、どうしていいのか分からなかったが、そんな彼女に追い打ちをかける地獄のような現実が待っていた。

......