日本人は英語ができない民族だと言われるが、この日本人をたちまち英語を話せる民族にする方法がひとつある。それは、日本を「世界でも下から数えた方がいいほどの失敗国家」にすることだ。

国が混乱し、経済が崩壊し、国土が荒れ、国民全員が貧困化すれば、日本人の多くは英語が話せるようになる。

なぜなら、日本に見切りを付けるため、必死になって語学を学ぶようになるからだ。

2014年3月。タイ・バンコクでアフリカのブルンジの女性と知り合った。(シャキーラ。アフリカから来た陽気な酔っ払いの売春女性

彼女と他愛ない話をしていたときは何も思わなかったのだが、後になって、ふとブルンジという国の公用語は何なのだろうと思った。

調べてみると、ブルンジの公用語は「ルンディ語」と「フランス語」だった。「キルンジ語」という言葉もあるという。少なくとも英語はブルンジの人々には関係ないが、シャキーラは英語を駆使していた。

......