閲覧注意
2014年10月20日、アルゼンチンのフォルモーサ州で、「ジュリア」という名前の15歳の少女が2人の少女に顔面や背中をズタズタに切りつけられるという事件が起きた。

彼女の少女の傷は顔面に集中しており、そのどれもが「切り傷」であった。

殺意がある場合、ナイフは突き刺される。内臓や血管を損傷させれば人は死ぬことは誰でも知っている。刺し傷がなく、切り傷ばかりだったというのは、殺意はなかった可能性が高い。

つまり、ジュリアを「痛めつける」ためであったことが目的であったことがそれで分かる。彼女を襲った少女はふたりとも、この15歳の少女と面識があり、仲が悪かったという。

このふたりは15歳の少女に容姿を侮辱されていて、それで「少し可愛らしかった」15歳の少女に嫉妬してこのような犯行に及んだ。

15歳の少女は命に別状はなかったが、傷痕はとても深く、傷は新興国の医療技術では一生残るだろう。

......