男と女が出会って付き合ったりすると、しばらくして相手が自分の性格や気質に「合う」とか「合わない」というのが、ある時、急に分かることがある。

人間は初対面の人間には、互いに本性を隠して表面だけで付き合おうとする。「猫をかぶる」という言い方もあるが、誰でも初対面くらいは良く思われたいので、体面を取り繕う。

だから、付き合い始めは相手の性格が分からない。しばらくして、分かるのだ。

自然な人ほど、初対面の印象がそのまま続くのだが、取り繕っている人ほど、付き合う途中で素の性格が表れるようになって時には驚くこともあるはずだ。

優しい人だと思った人が実は冷酷な性格だったり、無口だと思った人が実は饒舌だったり、悩みなどまったくなさそうに見えた人が実はとても繊細だったり、人は初対面と違うことは往々にして珍しくない。

あなたも、そんな経験があるはずだ。

......