閲覧注意
自分の配偶者を他の男に奪われたり、自分の娘が他人に陵辱されたりすると、男は激怒して我を忘れる。

そして、配偶者を殺すか、相手の男を殺すか、両方殺すかという極端な選択を選ぶ男も多い。どこの国の、どんな男でも、そのような衝動が起きる。

中国でも、自分の妻を抱いた男を夫がめった刺しして殺すような事件もあった。(自分の妻が他の男と寝ていた。夫は我を忘れて相手を刺した

アメリカでも夫が妻の不倫相手のところに乗り込んで叩きのめしたり銃殺したりするような事件はしばしば起きている。日本でも、最近、極端な事件が起きている。

妻が勤務先の上司である弁護士と男女関係の仲になったことで、24歳の夫がその弁護士事務所に乗り込んで、妻の浮気相手の弁護士を殴りつけたあげく、ペニスを枝切りハサミで切断してトイレに流したという事件だった。

最近の日本ではなかなかこのような事件は聞かなくなったが、皆無になったわけではない。男は自分の配偶者を奪われたとき、暴力を選択することもあるのだろう。

そして、いったん暴力を決断したとき、その暴力は往々にして過剰となる。その理由は言うまでもない。

......