普通と違うというのは、偏見の目で見られるということであり、その目はとても冷たいことも多い。世界どこでも障害を持った人や病気を持った人は排除される傾向が強くて、今も昔もとても苦労して生きている。

本当のことを言うと、誰もが何かしらの病気や障害や問題を抱えており、完全にパーフェクトな人などいない。

また、仮に今はパーフェクトでも生涯パーフェクトでいられる人もいない。誰でも病気や事故に巻き込まれ、障害を抱え込む可能性は誰にでもある。

だから、あまりに病気や障害を排除する傾向が強い社会になると、自分で自分の首を絞めることになるわけで、社会も「異形」の排除をほどほどにしている。

しかし、それでもハーフの人々や、アルビノの人々、同性愛者、身長の高すぎる人、低すぎる人、病気で容姿に問題を抱えた人は、どうしても排除されることも多い。

問題となる部分を隠せる人は、何とかそれを隠そうとする。障害を隠すことは恥でも何でもない。社会が普通を求めており、普通であることの方が有利だと思えば、誰でもそうする。

しかし、普通でないのに普通を演じるのはとても疲れることだ。それは、あなたも思い当たるフシがあるはずだ。あるイギリス女性もそうだった。

......