ブルガリアは東欧の貧国だ。政治は機能せず、トルコに介入され、ロシアに介入され、貧しいロマが最も貧しいまま暮らしている国。

若者の大半は失業中、一人あたりの名目GDPは約6581ドルなので、ルーマニアやベラルーシよりも貧しい国である。首都はソフィアで、近代的な建築物と歴史的な建築物が混在している不思議な街であると言われている。

貧しい国なのだが、ナイトクラブ、ライブハウスが充実していると言われている。貧しいのに、なぜナイトライフが充実しているのか。そこにブルガリアという国の暗部が集結しているからだ。

ブルガリアの女性は非常に貧しく、しかし美しい女性が貧しい。そうなるとマフィアが黙っていない。

東欧のマフィアはアルバニア・ギャングが中心となっているのだが、彼らがブルガリアの女性をユーロの先進国、たとえばドイツやフランスやスイスに送り込むために、深くブルガリアに潜り込んでいる。

その末端が、ブルガリアの首都ソフィアに点在する多くのナイトクラブだった。若い女性はそこに集められ、そしてマフィアの男たちが彼女たちを人身売買する。

......