ある都市伝説のような話がある。ひとりの白人女性が白人男性と結婚して、子供を産んだ。ところが、その子供は肌の色や目の色がどう見ても黒人の特徴があるように見えた。

夫は妻の浮気を疑ったが、妻は絶対に浮気はしたことがないと断言した。DNA検査でも、この子は間違いなく夫の子供であることが証明された。

しかし、どうも似ていない。

夫は不可解に思ったが、妻は実は妙な「心当たり」があった。白人の夫と付き合う数年前、彼女は黒人男性と付き合っており、性行為もあった。

とは言っても、この黒人男性と分かれて数年経っており、この男性の精液が数年も彼女の膣内で生きていたというのも考えられない。いったい何が起きたのだろうか……。

実は、彼女のような経験をしている女性が、何人もいるという。結婚して子供を産んだら、なぜか「目の前の夫の子供であるのは間違いないのに、過去のボーイフレンドにも似ている」というのである。

「気のせい」「何かの偶然」で話は終わっていた。しかし、本当に気のせいで偶然だったのだろうか?

......