いよいよ2017年が始まりました。長らくブラックアジアをご愛読下さって感謝します。今年もよろしくお願いします。

2016年はアメリカの大統領戦でキワモノ扱いだったはずのドナルド・トランプが大統領候補となり、身辺に多くの強硬派の閣僚を配置して2017年1月20日からトランプ政権が発足することになります。

2017年はアメリカが何度か利上げする可能性があると言われていますが、本来は2016年にそれが起きていないといけない動きでした。

なぜアメリカが利上げを思いとどまったのかというと、利上げすることによって中国を含めた新興国の経済悪化がグローバル経済を揺るがす可能性があったからです。

しかし、ドナルド・トランプ政権はグローバル経済よりも「アメリカ第一」を標榜しており、中国にも激しい敵愾心を持っている政権です。

グローバル経済が大混乱しても「知ったことか」という態度になる可能性が高まります。ここ数年来ずっと起きているグローバル社会の混乱や亀裂はますます深まるのは確実です。

ブラックアジアでは、そういった世の中の動きをその都度切り取って行きたいと考えています。

ブラックアジアは今月も新規会員を募集しております。まだ有料会員の登録をされていない方は、有料会員になって、ブラックアジアのすべての記事にアクセスしてみて下さい。お待ちしております。

登録はこちらです ⇒ http://goo.gl/8Z7DN


2016年12月にエントリーした有料配信の記事一覧


ブラックアジアの2016年12月にエントリーした有料配信の記事の一覧はこのようなものでした。


















































会員の方には、ブラックアジアに関連する高画質写真を提供できるように準備しております。今後も、見て頂ける写真を増やしていく予定です。


Gメールのアカウントをお持ちの方は、写真にそれぞれコメントが付けられるようになっていると思います。気に入ったお写真がありましたら、どうぞコメントを下さい。楽しみにしております。

メールアドレスだけは、絶対に間違わないで下さい


ブラックアジアの会員登録は、世界でも最も信頼されている決済システムである「ペイパル」を利用しております。

ペイパルのアカウントを持っていない方も、「カードで支払う」を選んで頂ければ、その場でカード情報を入力することにより、決済が可能となります。



ペイパルのアカウントを持っていない方も、「カードで支払う」をクリックすることによって、スムーズに登録処理が行えます。ペイパルのアカウントを持っている方はログインすると、カード情報を入力する手間が省けます。


「カードで支払う」を選択すると、以下のような画面が出て、ここで情報を入力するのですが、ここで入力されたカード番号等はペイパルが決済のために管理し、私にカード番号が渡ることはありません。



ブラックアジアでは、物品を登録住所に送ることも一切ありませんので、実は住所も重要ではありません。

ただし、最も重要なことがあります。それは、「メールアドレス」だけは、絶対に間違わないで下さい。メールアドレスを間違うと、ペイパルからの確認メールも届きませんし、私からお送りするIDとパスワードのメールも届きません。

メールアドレスが間違っていると、こちらからご連絡する術がいっさいありません。

登録処理を行ったにも関わらず、ペイパルからの確認メールも、私からのIDとパスワードのメールも届かない場合は、100%、メールアドレスが間違っている可能性があります。

もし、ペイパルからの確認メールすらも届いていない場合は、すぐに私宛にご連絡下さい。




24時間以内に確認してご連絡致します。

いろいろ書きましたが、ペイパルでの登録処理はそれほど難しいものではなく、マスターカードやVISAカードのようなごく普通のクレジットカードをお持ちの方は簡単に登録できます。

メールアドレスはお気を付けて入力頂き、心配であれば私宛にメールを頂ければ対処します、という主旨です。

ブラックアジアは、これからもどんどん記事を増やしていきたいと思っております。

2017年も刺激的な記事をたくさん書いていきたいと思います。

表側の記事を読んで頂き、裏側の記事にも興味を持って頂けたら、是非とも有料会員を検討してみて下さい。そして、すべての記事にアクセスしてみて下さい。

心より、お待ちしております。




ブラックアジアの登録はこちらから。



1年契約5,000円(システム登録時より365日間有効です)
1年限定で、自動更新機能はありません。




ご注意

*「今すぐ購入」ボタンを押したあと、次の画面遷移に10秒ほど時間がかかる時もあります。

*有料会員登録においての説明、諸条件については、こちらをお読み下さい。

 ⇒ ブラックアジア会員登録