ミャンマーは1990年の選挙でアウンサンスーチーが率いる国民民主連盟(NLD)が勝利したが、軍がそれを抑えこんで政権移譲を拒否、それから20年に渡ってアウンサンスーチーを自宅軟禁に追いやってきた。

選挙の結果を拒否して民主化への道を閉ざした結果、ミャンマーは東南アジアではもっとも未発展で貧しい国へと転がり落ちてしまった。

こうした軍の鎖国政策によって時代に遅れていくことを危惧したミャンマーの人々の間からは強い民主化の欲求が生まれており、欧米はそれを側面支援した。

1990年代から2000年代にかけての欧米グローバリストたちのミャンマー軍政に対する怒りと攻撃は、凄まじいものがあった。

欧米の指導者は、支配できない地域の政治勢力は国際的に大弾圧をする習性がある。特にグローバル化に参加しない国々に対する怒りは半端なものではない。

グローバル化とは「欧米」の多国籍企業の支配を円滑的にするものであり、それを拒絶するというのは、欧米に儲けさせないということだ。

それは、地球の支配者である欧米エスタブリッシュメントにとっては許しがたいことであった。


アウンサンスーチーは民主化を推し進める天使?


だからミャンマーの軍事政権は、完全に悪役の役回りをさせられていた。

たとえば、シルベスター・スタローンがミャンマー軍を皆殺しにする『ランボー5』という映画もあったのだが、残忍で悪魔のようなミャンマー軍を、アメリカの正義のヒーローが殺しまくる設定になっていた。

民主化は絶対的に正しくて、ミャンマー軍は虫けらのように殺しても構わないような、そんなイメージである。

この映画を観て、ミャンマーの軍事政権に愛着を覚えた人は世界中にひとりもいないだろう。超人的なヒーローであるランボーがミャンマー軍を皆殺しにするのを見て痛快な気持ちになっていったはずだ。

この娯楽映画は大ヒットしてシルベスター・スタローンの代表作になっていった。

対するアウンサンスーチーは軍事政権に反旗を翻して民主化を推し進める「正義の天使」みたいな扱いをされ、その人生を美化された映画『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』が作られている。

監督はリュック・ベッソン、女優はミシェル・ヨーと、どちらも一流どころが関わっている。この映画でもミャンマーの軍事政権は極悪非道の組織のように描かれ、ミャンマーには正義がない国であるかのように描かれていた。

アウンサンスーチーにはノーベル平和賞も与えられたし、欧米の芸能人は彼女を崇拝する歌を作るし、著名人たちもまた「彼女を解放しろ」と共同声明を出した。

こういった欧米による露骨な支援もあり、2012年4月2日、アウンサンスーチーが率いる国民民主連盟(NLD)が国会補欠選挙にて勝利、欧米がそれを歓迎してアウンサンスーチーを事実上の次期指導者として待遇した。

やがて2015年11月8日に実施された総選挙において、NLDが圧倒的勝利、以後ミャンマーは事実上のアウンサンスーチー政権が成立することになった。






アウンサンスーチーとイギリスの深いつながり


アウンサンスーチーは欧米によってこの国の救世主のような扱いをされており、2016年以後ミャンマーが「開放」されたことに対して大きな歓迎と期待が寄せられた。

アウンサンスーチーは今後、ミャンマーをグローバル社会の一員として国を開いていくということを宣言している。

「ミャンマーはアウンサンスーチーによって救われた」と多くの欧米メディアは報じた。「絶対的な悪の存在である軍事政権を倒し、民主化を成し遂げたヒロインだ」というのである。

しかし、東南アジアでは必ずしもそういう捉え方ばかりではない。当初から、アウンサンスーチーはイギリスが送り込んだスパイだと捉える人も大勢いた。

アウンサンスーチーはイギリス人と結婚していたのだが、癌で死去した夫マイケル・アリスがイギリス諜報部員の幹部だったということはイギリス政府も認めている。

それだけでも、彼女とイギリス政府の深いつながりを疑わない人間はいない。そもそも、非力な女性が民主化の指導者の頂点に上り詰めているのも、欧米のバックアップがあったからだと考えても不思議ではない。

暗殺されたパキスタンのベナジール・ブットとよく似ている。あるいはフィリピンのグロリア・アロヨを例に出してもいい。スリランカの元女性大統領チャンドリカ・クラマトゥンガでもいい。

アウンサンスーチー オックスフォード大学に学ぶ
ベナジール・ブット オックスフォード大学に学ぶ
グロリア・アロヨ  ジョージタウン大学に学ぶ
チャンドリカ・クラマトゥンガ パリ大学に学ぶ
インラック・シナワット ケンタッキー州立大学に学ぶ

アウンサンスーチーはオックスフォード大学出身だが、「欧米の大学に学んだ由緒ある家系のアジア女性」が、欧米をバックにしてその国の指導者になっていくのである。

偶然ではない。そのように動かされているのである。

ミャンマー(ビルマ)はイギリスの植民地だった。アウンサンスーチーが政権を取ったというのは、ミャンマーが再びイギリスの傀儡になることにつながると思うのは当然だろう。



アウンサンスーチーはオックスフォード大学出身だが、「欧米の大学に学んだ由緒ある家系のアジア女性」が、欧米をバックにしてその国の指導者になっていく。偶然ではない。そのように動かされているのである。

それは、ミャンマーの人々の心にかかっている?


アウンサンスーチーにセンシティブな疑念がつきまとうのは、特に彼女の行動に何かあるというわけではなく、その家族構成の国籍によってもたらされている。

仮に彼女にはまったく国を欧米に売り渡す気がなかったとしても、彼女からは、かつてのマスターカントリー(宗主国)の影がちらついて離れない。

イギリスは、かつてビルマ(ミャンマー)に対して二度も三度も繰り返し戦争を仕掛けて領土を支配した天敵だ。

その「イギリスの亡霊が取りついた女」が政権を取ろうとしているわけだから、ミャンマーの軍事政権にとってはまさに悪夢だったのだろう。

しかし、ミャンマー政権がどんなに突き放しても、欧米は執念深く蛇のように絡みついている。支配者は言うことを聞く人間を「傀儡(くぐつ)」に仕立て上げて、間接的にその国を支配する。

かつてアジアはフランスやイギリスやポルトガルやスペインが植民地として支配下において苛烈な「暴力弾圧」を受けた歴史を持っている。そのため、宗主国の「陰謀」には敏感だ。

こういった背景があるから、今ミャンマーで起きていることも、欧米がアウンサンスーチーを表看板に立てて、彼女を通して間接的にミャンマー支配をしようと考えているのかもしれないとアジアの一部の人々は理解する。

現在、ミャンマーはアウンサンスーチーが進める民主化と経済改革が始まっており、国が変わろうとしているのだが、この経済改革というのは、もちろん「欧米」の多国籍企業に利権を委ねる動きでもある。

今、ミャンマーにはコカコーラやKFC、ペプシ、ネスレ、GE(ゼネラル・エレクトリック)、ロイヤルダッチ・シェル等の欧米企業が怒濤の如く入り込み、ミャンマー全土を制覇しようと動いている。

ミャンマーは経済発展する。もちろん、それは欧米の多国籍企業が支配するグローバル化した経済発展である。多国籍企業による経済支配が終わったとき、アウンサンスーチーの評価は果たしてミャンマーでどうなっているのだろうか。

ミャンマーの人々はアウンサンスーチーを自分たちを豊かにしてくれた救世主だったと思うのだろうか。それとも、自分たちの国を外国企業に売り渡した売国奴だと思うのだろうか。

それはミャンマーの人々の心にかかっている。



ミャンマーの人々はアウンサンスーチーを自分たちを豊かにしてくれた救世主だったと思うのだろうか。それとも、自分たちの国を外国企業に売り渡した売国奴だと思うのだろうか。



〓 関連記事