ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆ロリコン犯罪(2)逮捕者が続出していたカンボジアの暗部 ◆日本女性の死因は15歳〜34歳まで自殺がトップという現実 ◆貧困層は這い上がることができない。深刻なアメリカの現状 ◆出会った女性がこの9項目の行動を持っていたら注意する
◆ドラッグの異常行動が「普通の光景」になっていく社会 ◆昏睡レイプ。女性はこれを警戒しないと一生の地獄になる ◆ウルジ・カーン。宝くじが当たって殺されてしまった不運な男 ◆シリコン・バッグに見る、女性の尋常ではない肉体への執念

BLACKASIA - www.bllackz.net


有料会員のご登録は、こちらから


ブラックアジア・記事リスト


ダークネスDUAからブラックアジアの方に移行した記事はこちら
ダークネスDUAからほとんどの記事をダークネスTIGAの方に移しましたが、一部はブラックアジアの方が...
京本大我という芸能人二世が起こしていた風俗嬢レイプ
2017年3月7日発売の週刊誌FLASHで、「京本大我」というジャニーズ事務所に所属する芸能人がマッ...
売春都市パタヤを粛清(パージ)しろ。プラユット首相の命令
パタヤは観光都市として脱皮しようとしているが、それでもこの都市は今も売春にまみれている。そこは熱帯の...
障害者専用デリヘル嬢は自分の仕事をどう思っているのか?
ブラックアジア in ジャパン私の目の前に現れた女性は、30代を少し過ぎた「ごく普通の女性」だった。...
新宿歌舞伎町の「嬰児生み捨て事件」から社会の底辺を窺う
ここ1年、「ブラックアジア・イン・ジャパン」のために、しばしば新宿歌舞伎町をうろついている。(日本の...
「バッカスおばさん」と呼ばれる韓国の高齢売春婦の地獄
韓国には「バッカス」という名前の滋養強壮剤がある。例によって日本の滋養強壮剤「リポビタンD」のパクリ...
女性を貧困に落とす10の理由が分かっていても避けられない
女性が貧困に堕ちやすいのは、現在の社会システムが男に合わせて作られたものだからだ。かつて「男女は必ず...
5ドルの狂気。次々と亜種を生み出す危険ドラッグの地獄
2012年5月26日、ドラッグで気の狂った男がホームレスの顔面の75%を食べているところを射殺される...
日本の風俗嬢たちに会い、様々な話や人生をまとめた記事群
日本の真夜中を席巻している風俗が「デリヘル」です。そこで働く風俗嬢を扱った「ブラックアジア・イン・ジ...
風俗嬢の女性に聞いた、少し変わった身体の男たちのこと
ブラックアジア in ジャパン風俗嬢の女性の話をじっくり聞いていると、普通では会えない男たちに次々と...
毒殺の季節。プーチン大統領も政敵を毒殺で葬ろうとする
北朝鮮の金正恩が、異母兄である金正男をマレーシアで女性工作員を使って暗殺した事件が大きくクローズアッ...
元風俗嬢の女性が派遣の仕事をして気付いたOLの隠し事
ブラックアジア in ジャパン先日、元風俗嬢で今は真面目に表で派遣の仕事をしているという女性に会った...
札付きのワルが女性を残虐にレイプすると遺体はこうなる
閲覧注意世の中には「札付きのワル」という存在がある。態度も行動も口調も攻撃的、かつ暴力的で、やること...
自分に必要なモノを残し、それ以外は未練を持たずに捨てる
「ミニマリスト」という言葉がある。ミニマリストというのは、「必要最小限のモノしか持たない人」という意...
バンコク・スクンビット通りの黒人女性が警察の摘発対象
2014年頃、夜にバンコクのスクンビット通りをうろうろと歩いていると、黒人のセックスワーカーが何人も...
セックス産業で働く女性の「超えられない壁」は何歳か?
売春ビジネスや風俗等の「身体を売る仕事」は、女性の肉体労働であると言える。肉体労働というのは、体力が...
人間を果てしのない暴力と戦争に向かわせる5つの要因とは
日本人はすでに70年以上も戦争から離れているので、現在生きている日本人のほとんどは、人が殺し合うとい...
カンボジア。嫉妬に狂って元恋人をめった刺しの英語教師
閲覧注意カンボジアのプノンペン近郊で、ひとりの男が元恋人をナイフでめった刺しにして殺すという事件があ...
福井進。カンボジア女性を日本に売り飛ばした男の正体
2017年2月6日。ひとりの日本人がカンボジアで逮捕されている。福井進(ふくい・すすむ)、52歳。こ...
電子書籍『タイでは郷愁が壁を這う』をアマゾンにて刊行
本日、アマゾン・キンドルで小説をひとつアップしました。『タイでは郷愁が壁を這う(旅と、ノスタルジーと...
ドラッグ・マネーを巡るメキシコの闇は叩き壊されるのか?
ドナルド・トランプ大統領はメキシコを「敵」と呼び、メキシコ人たちを「犯罪者や強姦犯」と呼んだ。そして...
プノンペンで全盲の井上氏を追い詰めた極貧の世界の醜悪
2000年前後、ブラックアジアを書き始めた同時期、多くの日本人のハイエナたちのアクセスを集めていた東...
プノンペンあやしい掲示板の「井上一世」氏が死んでいた
昨年だったが、風の噂で「盲目の井上さんという人がプノンペンで極貧生活をしている。ご存知ですか?」とい...
なぜ「平等」は実現できず、むしろ危険なものになるのか?
人間社会は平等ではない。理論的に言うと「平等」はあり得ない。年齢、性別、能力、体力、身長、容姿から、...
アメリカの絶望。ホームレス女性の隠し撮りされた性行為
日本ではあまり中年女性のホームレスを見かけないが、いないわけではない。あいりん地区では女性のホームレ...
2017年2月。ブラックアジア有料メンバーの募集のお知らせ
トランプ政権が初日から暴走して国内外に大きな問題を引き起こしながら突き進んでおりますが、本当に暴力的...
トランプ大統領の「難民受け入れ停止」による混乱は序の口
ドナルド・トランプ政権が難民受け入れを停止して大きな波乱を呼んでいる。アメリカは移民国家だったわけで...
「帰れ、豚」と怒鳴られてドアを閉められたデリヘル嬢の涙
ブラックアジア in ジャパン日本の風俗は意外に「分かりやすい」ところがあって、高級で高額であればそ...
盗撮サイトに登録するほどの男も自分を異常とは思わない
人の性的な嗜好はそれぞれだ。自分がノーマルであると思っていても、他人から見たら充分に異常だと思われる...
社会はある時から凄まじく変わってしまうという事象がある
かつてアメリカはキリスト教系の価値感の強い文化を持ち、「男は男らしく、女は女らしく」という保守的な文...
海外のロリコンたちが「これはOKなのか」と驚いた女優
インターネットが爆発的に普及すると同時にポルノが蔓延したのか、それともポルノが蔓延しているからインタ...
あなたもコオロギの含まれた食品を普通に食べる時代になる
食べ物がなくなっていく……。食糧価格の高騰や、自然災害による食糧不足などは、いまや人類の未来に待ち構...
バイアグラで勃起しても射精ができない苦しみを抱える男
バイアグラが勃起に関して凄まじい効力を発揮するというのは、今や男の中で知らない人間はひとりもいない。...
アムステルダム赤線地帯はいよいよ閉鎖に向けて動くのか
オランダの首都アムステルダムは、売春とマリファナが合法な街として知られている。売春ビジネスは「飾り窓...
貧困と格差が社会から消えない「誰も言わない理由」とは?
私は20歳で東南アジアの貧困街に居つくようになり、そこで人生を破滅させていく男たち、女たち、あるいは...
殺した後に肛門や膣に棒を突き刺して誇示するという心理
閲覧注意1974年にカンボジアで政権を握ったポル・ポト派は、それ以前に親米派ロン・ノル政権と血みどろ...
豊胸した女性が、シリコンを抜いて普通の乳房に戻すとき
「サラ・X・ミルズ」という名前で活躍している現ロサンゼルス在住の美しいモデルがいる。1987年生まれ...
地獄の入口。経済危機はいったん始まったら逃げる間もない
自分の人生、自分の運命を100%制御できる人はどこにもいない。どんなうまく生きている人間にも、予測も...
これからアメリカで女性が蔑まれ、殺されていく理由とは
閲覧注意ドナルド・トランプ時代に入ると、アメリカでは白人と黒人の対立、キリスト教徒とイスラム教徒の対...
パタヤの堕落。変わっていない売春地帯と男たちの醜態
私はまだ売春地帯をウロウロして人生を消費するハイエナとしての生き方を捨てていないので、「最後に馴染ん...

1
2
3
4
5
6
7
8
9









お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • コメント欄を承認付きの解放にしておきます。詳しくは、こちらをご覧下さい
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら