ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆赤ん坊が捨てられ豚がそれをエサにするという地獄の世界 ◆何が足や靴のニオイにこだわるフェティストを生み出したか ◆ハイチの女性。追い詰められている「褐色の肌」の女性たち ◆女性用コンドーム。普及の道はまだ遠く改善の余地もある
◆ロリコン犯罪者は、少女をどのように探して犯罪に至るのか? ◆貧困国では奇形や病気を持った子供が治療できないことが多い ◆松尾国光。フィリピンで何もかも失って親族を射殺して回る ◆売春があまりに事務的すぎると、憎悪を買って殺される

BLACKASIA - www.bllackz.net



有料会員登録のいざない(闇の世界へ)




最新のコメントがついた記事









2018-04-26

乱交パーティー。タイ・パタヤで起きていた25人の逮捕劇

「スウィンガーズ・パーティー」というものがある。日本語で言えば「乱交パーティー」となる。

インターネットや口コミで連絡を取り合い、カップルでとある部屋に集結し、そこで男性も女性も相手を取っ替え引っ替えしながらセックスに狂う。

タイやフィリピンの歓楽地では、しばしばこうしたスウィンガーズ・パーティーが秘密裏に行われていて特定の欧米人がそれに参加している。

時おりこうした乱交パーティーが催されていることは売春地帯の男たちはみんな知っている。バーファインした女性が時々こうしたパーティーが開かれていると教えてくれるからだ。

フィリピン・アンヘレスは、こうしたパーティーが定期的に行われていることで有名だ。私の知っているゴーゴーバーの女性はそこに参加して金をもらっていた。

タイではバンコクのMP(マッサージパーラー)の『アレキサンダー』が男性数人で入って女性を何人か選んで酒池肉林の時間を過ごすことができるので有名だ。現地の日本人たちはこれを「アレキ遊び」と言っている。

ところで最近、タイ・パタヤで男女25人が一斉に捕まるという逮捕劇があった。彼らは乱交パーティーを行っていた。

 



2018-04-24

電子書籍『デリヘル嬢と会う2』アマゾン・キンドルにて発売

「ブラックアジア in ジャパン」と題して2015年頃から日本の風俗嬢に会っていろんな話を聞いてきたのですが、これを最初にまとめたのが『デリヘル嬢と会う:彼女は、あなたのよく知っている人かもしれない』です。

そして今回、同シリーズとして『デリヘル嬢と会う2(暗部に生きる女たちのカレイドスコープ)』をアマゾン・キンドルにて刊行することになりました。

アマゾンのページはこちらです。
『デリヘル嬢と会う2』

副題に「暗部に生きる女たちのカレイドスコープ」とありますが、カレイドスコープとはもちろん「万華鏡」のことです。

万華鏡(カレイドスコープ)は少しでも見る位置を変えるとその幾何学模様はどんどん変わっていきます。「風俗嬢」とひとくくりしても、女性の考え方も生き様も収入もまったく違うわけで、それがまるでカレイドスコープさながらだと思いついたところからきています。

東南アジア売春地帯が専門の私には『デリヘル嬢と会う』シリーズは少し毛色が違うところはあるのですが、とても愛着のある電子書籍になりました。




2018-04-23

ガールフレンドを虐待する動画をフェイスブックでライブ

閲覧注意
2018年4月22日、「グローバルFXインベストメント・ライブ」というチャンネルを運営していたチャイチャナ・シリチャートというタイ人の男がフェイスブックで生の動画を配信した。

それは、自分のガールフレンドをめちゃくちゃに殴りつける虐待動画だった。

この男は普段、FXのトレードの方法を動画配信していて、その世界では知られた顔だった。普段の配信の状況はまだ消されていないのでこちらで見られる。(Chaichana Sirichart FOREX Live

FXのチャートを出して、いかにトレードすればいいのかをここで説明していた。そして、「絶対に儲かる極秘のトレード方法もある」ということで視聴者から受講料約1万5000バーツを集めていた。

これでこの男は600万バーツを手に入れていたのだが、この男はちゃんと「極秘の方法」を教えなかった。

そのため150人からフェイスブックで「被害者の会」を立ち上げられて返済を迫られたのだが、集めた金は私用で好きに使ってもう残っていなかった。

そこで、以下のような虐待動画を上げたのだった。

 



2018-04-22

不法滞在していた男を見聞きして、自分だったらと考える日

ドナルド・トランプが大統領に就任してから、メキシコ人の密入国者が次々と摘発されて強制送還されている流れがある。

実はこの「不法滞在者の摘発」はメキシコ人に限って行われているわけではなく、すべての人種が標的だ。

まさか日本人は不法滞在での強制送還は関係ないだろうと思っていると、実は日本人の不法滞在者はアメリカがダントツに多く、約3万人近くの日本人が強制送還されるのではないかと怯えている。

また学生ビザで入っているのにアルバイトなどをしていると、それも即アウトになってしまうような厳しい取り締まりが行われている。

ところで、他国に不法滞在している日本人と言えば、誰もが脳裏に浮かべるのは東南アジアである。最近も元ヤクザの男がタイの田舎で堂々と暮らしていたのが発覚したばかりだ。(ブラックアジア:白井繁治が13年も堂々とタイで逃亡生活ができた理由とは?

この男は13年もタイにいたのだが、東南アジアの不法滞在者は1年2年どころか5年、10年と結構な長期で不法滞在しているケースが多い。まさに「土着」である。

すこし古いのだが、インターネットで興味深い投稿があったのを最近になって目にした。以下のものである。(鈴木傾城)




2018-04-21

この世の地獄。エイズに罹ったら若い処女を抱けば治る?

未成年のセックスワーカーは厳しく取り締まられて存在しない? 今は法が守られている? そんな話はすべて嘘だ。

未成年の少女は世界中どこでも売春地帯でビジネスをしている。10歳前後の少女から16歳のミドルティーンまで、ペドフィリアたちは好きな年代の少女を手に入れている。

東南アジアではタイが厳しくなっているのだが、ミャンマーでもカンボジアでもフィリピンでも少女売春は「蛇の道は蛇」の男たちには探し出すのは造作もないことだ。

最も開けっぴろげで無法なのはインド圏の売春地帯である。10代の少女はどこにでもいる。その中にはインド人ではなくネパール人の少女も多い。

「こんな小さな少女をいったい誰が抱きたいと思うのか」と思っていると、中年の男がまるで果物でも買うように彼女を手に入れて荒んだ建物の奥に消えていく。

警察は何をしているのかと思うかもしれない。腐敗した警察官は賄賂や無料セックスを享受して犯罪を黙認している。では、NGO団体は何をしているのか。NGO団体は逮捕権限を持っていない。

何かできるとしても警察に通報するだけだ。どのみち何もしない警察に……。かくして、インドの暗部はひどく荒んだ有様の中にある。では、ネパール政府は自国の少女が隣国インドの売春地帯に放り込まれているのを知っているのか?(鈴木傾城)

 



2018-04-20

出会い系サイトで知事を辞職した米山隆一が知らなかったこと

米山隆一という名の新潟県知事が、出会い系サイト『ハッピーメール』を使って知り合った女子大生に3万円を渡して性行為をしていたということが発覚して問題になっている。

最初にこの問題が発覚したとき、私は米山隆一が「付き合っている女子大生に金を払わなかったから問題になったのか?」と思った。

アンダーグラウンドの世界では「金を渡すのは当たり前のこと」であり、金を渡さなかったらそれこそ大問題になる。

女もビジネスでやっているのだから金がモノを言う。男が金を払わなかったら、復讐のために相手を社会的に抹殺しようと考えたり肉体的に抹殺しようと考える世界でもある。

アンダーグラウンドで知り合った人間は金の切れ目が縁の切れ目だ。だから、米山隆一がきちんと金を払わなかったからこんなことになったのだと私は最初に感じたのだ。

しかし、違った。

表社会の人は「出会い系サイトで知り合った女と付き合っていた」「金を払ってセックスをしていた」というところを責めていたのである。(鈴木傾城)




2018-04-19

「イラマチオで吐けるように頑張る」という風俗嬢(2)

ブラックアジア in ジャパン
そもそも、イラマチオとは何なのか。ウィキペディアではこのように説明されている。

『イラマチオ (英: irrumatio、irrumation) は、オーラルセックスの一種で、男性が立ち、ひざまずいた相手の口の中に男性が自らの男性器を入れて、相手の頭部を手で持って前後させることにより男性器を相手の口に出し入れする行為である。語源はラテン語のirrumo(授乳する、吸わせる)の名詞形irrumatioから来ている』

厳格に言えばその通りなのだが、最近では「喉の奥まで無理やり男性器を女性の喉に突っ込むこと」という意味で使われていることが多い。呼吸が止まるほど女性の喉の奥にまで突っ込んでいくのだから尋常ではない。

当然、女性は苦痛を感じ、異物を無理やり押し込められることで吐き気をも催すことになる。いや、催すどころか実際に吐いてしまうことも珍しくない。

私の目の前にいるこのカサカサの肌をした女性は、激安デリヘルの仕事の中でそれを受け入れ、「イラマチオで吐けるように頑張る」と日記に書いているのである。

普通の女性であれば拒絶しても不思議ではない行為を受け入れるばかりか「頑張る」というのだから大したものだ。(鈴木傾城)

 



2018-04-18

「イラマチオで吐けるように頑張る」という風俗嬢(1)

ブラックアジア in ジャパン
激安デリヘル店は代表的なところではデッドボールやサンキューをはじめいくつもある。ここで働く女性たちは全員がそうだとは言わないが、多くは普通の風俗店では働けない容姿の女性たちである。

また日本には「熟女デリヘル」と言って、すでに40代後半から50代、いや場合によっては60代の女性ですらも所属している風俗店もある。

多くの男たちは容姿の美しい女性や若い女性を好むので、条件の悪い女性たちは風俗店では淘汰されていく存在ではある。

日本の風俗では意外に30代の女性が健闘しているのだが、それでも30代後半になると徐々に稼ぎが悪くなって風俗でも食べていけなくなる。

だから、こうした格安店は値段を下げてイラマチオやアナルセックスのような過激なサービスも無料ということにして、少しでもレベルやランクの落ちている女性でも客がつけるように努力しているのだ。

激安店では女性の質に問題があるのは間違いないのだが、「問題」というのは様々であるというのは女性に会えば会うほど感じるものだった。ある激安デリヘル店で「イラマチオで吐けるように頑張る」と言っていた女性がいたので話を聞いた。(鈴木傾城)

 




お願い

  • ブラックアジア本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら