南アフリカには密入国者が北部からなだれ込んで来て、この密入国者が治安悪化の要因になっているのだが、一時はジンバブエからの密入国者が急増した。

ジンバブエは元々イギリスの植民地であり1980年代まで白人国家ローデシアがあったところで、国はとても発達していた。

しかし、独立後、ムガベ大統領が政権を取るようになってからこの国は変質した。2000年以降は白人追い出し政策が始まって、ハイパーインフレが襲いかかり、ジンバブエ国家破綻に見舞われていく。

ジンバブエの恐るべきハイパーインフレについては日本でも「ジンバブエ・ドル」としてよく知られている。1000億ジンバブエドルというのも発行されていたのだ。

こんな経済崩壊した国家の中でも人々は生き続けなければならない。そこで女性たちはこぞって売春ビジネスを始めるのだった。

......