アマゾン・キンドルで売春地帯の小説をひとつアップしました。『真夜中のカリマンタン島(誰も知らない。ヘイズの島と売春する女たち)』というものです。

アマゾンのページはこちらです。
https://amzn.to/2mgo2qA

今回は、「小説」というスタイルでインドネシア・カリマンタン島の売春する女性たちの話をこの島特有の歴史や風土も交えて思い入れたっぷりに書きました。

カリマンタン島の話を書いた小説はほとんどないと思います。さらにこの島で売春する女性たちを取り上げた小説は、日本でもこの小説が初であると思います。

「小説」というスタイルではありますが、登場人物の女性すべてにモデルがいます。そして、登場する売春宿もまた実際にあった売春宿を書いています。

そういった意味で、フィクションには違いないのですが完全にフィクションであるかと言えばそうでもない小説であると言えます。カリマンタン島の売春する女たちはどんな女たちなのか、興味のある方はどうぞお読み下さい。


『真夜中のカリマンタン島』ダウンロード先





あらすじ

日本人がボルネオ島と呼んでいる世界で3番目に大きな島は、インドネシアではカリマンタン島と呼ばれている。この島の真夜中にも、日本人がまったく知らないところで、貧しい女性たちが身を潜めながら売春で生きていた。

いつも髪が濡れている女、両親を殺された女、極貧の中で生きている華僑の女……。

そして、島に漂う煙(ヘイズ)に閉塞感を感じながら、真夜中のカリマンタンをさまよう男。

ハイエナのように売春する女を追い求める男は、やがてデズリーという名の優しい女に出会うのだが、彼女が本当に優しい女だったのかどうか、どんどん疑念が湧くようになっていく。



長編小説『真夜中のカリマンタン島』について


ところで、『真夜中のカリマンタン島』の「カリマンタン島」に「聞いたことがない島だな」と思った人もいるかもしれません。確かにカリマンタンというのは日本人には馴染みがありません。

しかし、表題の「カリマンタン島」を聞いたことがなくても、「ボルネオ島」なら聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか。

実は、カリマンタン島とボルネオ島は同一の島です。





カリマンタン島(ボルネオ島)は世界で3番目に大きな島で、この島にはマレーシア、ブルネイ、インドネシアの3国が領土を分け合っています。

ボルネオ島というのはマレーシア側の呼び方で、カリマンタン島というのはインドネシア側の呼び方です。

この小説はインドネシア領が舞台で、登場人物の女性はみんなインドネシア人です。そのため、ボルネオ島ではなくカリマンタン島と呼ぶのが相応しいので、表題は『真夜中のカリマンタン島』になりました。

ところで、ブラックアジアでは一度も「売春地帯をさまよい歩いた日々」にカリマンタン島を舞台にした話を登場させておりません。

その理由は、私がカリマンタン島を訪れていたのは、インドネシア編を書き終えてインド編を書くまでの、ちょうどブラックアジアを休載していた時期だったからです。

カリマンタン島の売春事情はとても面白かったのですが、インドネシア編を書き終えてしまったし、インド編には入れ込めなかったので、カリマンタン島をさまよっていた頃の記事はまったく何も書けないまま終わってしまいました。

ただ、カリマンタンにいた頃の話は記録に残してずっと置いておりましたので、あの頃に何があったのかを思い起こすのは難しいものではありませんでした。

カリマンタン島は目立つほどの売春地帯はなく、アクセスが悪いが故に誰も売春する女性を駆って訪れる男もおりません。だから、逆にカリマンタン島はとてもディープな環境になっていたと思います。

そこは、とても素朴な女性が多くて、あまりに素朴さゆえに驚いてしまう印象すらもありました。そんな世界を、やっと書けたというのが今の実感です。

インドネシア在住で売春する女たちを追っているハイエナの中には、カリマンタン島に向かう男もいます。しかし、非常にわずかです。

そのため、ハイエナ稼業をしている男でも99%はカリマンタン島の売春を知らないと思います。

ジャングルのこと、煙害(ヘイズ)のこと





カリマンタン島は東南アジアで最も広大な密林(ジャングル)が広がっている島でもあります。

私はジャングルではなくて売春する女たちを追い求めていたのでジャングル・クルーズはしません。しかし、ジャングルが広大に広がっているのがカリマンタン島です。

しかし、南米アマゾンもそうなのですが、こうした貴重なジャングルは周辺地から急激に伐採されて消滅しているという現実もあります。

ジャングルの樹木は、伐採する人間にとっては、ただの材木に過ぎず、ジャングルはどんどん焼き払われ、伐採されて消えてしまいます。

このカリマンタン島のジャングルに棲息するのが「オランウータン」ですが、ボルネオ・オランウータンは生息地が狭まり、絶滅危惧種となってしまっています。

今もシンガポールを苦しめている煙害(ヘイズ)は、違法伐採やプランテーション開発のために焼き払われたカリマンタン島の煙がシンガポールに流れていったものです。

シンガポールはしばしば煙害に苦しんでおり、この件でインドネシアと非常に険悪な関係になっています(詳しくは「シンガポール・煙害」で検索してみて下さい)。

今は、長年に渡る自然保護の啓蒙で凄まじい違法伐採は目立たなくなったのですが、それでも完全に消えたわけではなく、東南アジア最大のジャングル地帯は、どんどん小さくなっているようです。

こうした事情を知って、この小説『真夜中のカリマンタン島』を読んで頂ければ、より深く小説に書かれてある事象が分かるかもしれません。もちろん、何の予備知識もなく読んでも問題ありません。

この小説は売春する女たちを追っている男の物語ですが、アンダーグラウンドなりの恋愛小説でもあります。特別な形の恋愛小説として読んで頂くのも面白いかもしれません。

皆様に楽しんで頂ければ幸いです。

鈴木 傾城



『真夜中のカリマンタン島』の舞台になった街のひとつ、ポンティアナの光景。現地の人たち以外には誰も知らない売春する女たちも、この街にひっそりと佇んでいます。



〓 関連記事