ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆ベティ・ペイジ。アメリカ道徳に違反したピンナップの女王 ◆イエメン震撼、10歳娘の衝撃の虐待死と残されていた動画 ◆「ルームシェア」というのは、貧困層の妥協の産物である ◆タイ売春地帯。果たして、この光景はいつまで残るのか?
◆シリコン巨乳は一般的になったが、次はシリコン・ヒップか? ◆9歳の少女が売春する、ブラジルの「地獄のハイウェイ」 ◆その人の人生を完全に破壊するまで続く覚醒剤の快楽地獄 ◆日本女性の死因は15歳〜34歳まで自殺がトップという現実

BLACKASIA - www.bllackz.net

2016-09-12

知能に問題を抱えた女性が、社会の底辺に放り出されている

ブラックアジア in ジャパン
通常の知能指数(IQ)は平均が100なのだが、もちろんこれはあくまでも「平均」の話である。それよりも低い人も膨大にいるし、それよりも高い人もまた膨大にいる。

知能は遺伝しないが、教師や塾講師やコーチ等の子供の教育に関わる人たちの経験則では、「知能は生まれつき決まっているのではないか」という感覚が非常に強いと言われている。

もともと素養を持った子供は教えればどんどん伸びる。

一方で、素養のない子供にはいくら教えてもなかなか伸びず、本人も必死に努力して「平均についていくのがやっと」というケースがかなり多いという。

一般社会でも、驚くほど頭が切れる人もいれば、何をしてもうまくいかない人もいるのは誰でも経験値で知っている。

頭の良い人には何を頼んでも概ねうまくこなすことができる。そうでない人は単純な仕事ですらもミスし、作業も遅いことが多い。

これは「持って生まれた知能の差ではないか」というのは、教育に関わる人たちだけでなく、社会で普通に暮らしている人たちにも共有されている事実なのかもしれない。






2016-07-24

「穢れ」という概念を信じていた人が生き残った理由とは

閲覧注意
この世には「穢れ」という概念がある。これは古代から現代まで世界中で続く概念だ。

「穢(けが)れ」と「汚(よご)れ」は似ているように見えて違う。「汚れ」というのは「人が嫌がるものにまみれ、清らかさを失う」という意味で使う。

「穢れ」というのは「清らかさを失う」という意味も含まれているのだが、概念的には「最も深い部分で完全に汚れてしまい、二度と清らかになれない」というような哀しい意味が込められている。

自分が他人から「汚れている」と指を指されたのであれば、シャワーでも浴びて清潔な服を着れば回復できる。

しかし、「穢れている」と指を指されたら、シャワーを浴びようが相手よりも清潔な服を着ようがそれは回復できない。

「穢れている」とされたら、もはや清潔な存在になることは事実上、不可能になってしまうのである。自分の努力や気持ちや行動では何ともできないものが「穢れ」だ。

この「穢れ」の概念は、物や地域や動物を指して使うことも多いが、人間を指し示して言うこともある。「あの人は穢れた人だ」という言い方で使われる。

穢れたとされる人には、凄まじい災厄が待っている。



 


2016-04-03

まるで火傷を負ってしまったかのような凄まじいアトピー

閲覧注意
歓楽街で絶対に勤まらない女性がいるとすれば、それは皮膚にトラブルを持った女性であると言われている。

皮膚にトラブルと言ってもその種類や程度は様々なのだが、皮膚のなめらかさを失わせる疾患はその見た目から避けられることが多い。

本来はそんな女性が歓楽街にいるはずがないと思うのだが、歓楽街はどんな女性でも存在する。皮膚にトラブルがある女性がいても何ら不思議ではない。

さすがにメラノーマ(悪性黒色腫)を発症した女性が売春地帯にいるはずがないと思う人もいるかもしれない。

しかし、そんな女性ですらも存在する。私はひとりのタイ女性が左乳房の上部にメラノーマを発症していながら売春ビジネスをしているのを目撃して驚いたことがある。

かと思えば、アシッド・アタックされて背中がケロイドになった女性が売春地帯にいるのも見たことがある。(売春地帯で、初めてアシッド・アタックされた女性を見た日

皮膚にトラブルがあるというのは、見た目からして男に衝撃を与えることが多く、そうした女性はなかなか歓楽街のような世界では生きていけない。

皮膚のトラブルはそのどれも容姿に影響するので大変だと思うが、中でも大変だと感じるのはアトピーの女性たちだ。



 


2016-02-17

日本女性の梅毒感染。梅毒をばらまいているのは誰なのか

閲覧注意
最近、日本で梅毒が急激に増えていると言われている。

これは国立感染症研究所が発表しているものだが、2011年からゆっくりと広がりはじめ、ここ3年で2倍以上の広がりになっている。

しかも女性の感染者が増えていると言われている。通常、性病というのは男に感染者が出回って女性に広がっていくのだが、現在の日本で起きている梅毒は女性に広がって男性に感染している流れがある。

絶対数はもちろん男の方が多いのだが、感染数では女性が急増しているのである。

梅毒に罹っているのは若い女性たちだが、2012年から梅毒患者が急増しているということは、この3年で20代から30代の女性たちに「何か」があったということになる。

いったい何があったのか。誰が日本女性に梅毒を感染させているのか。その理由に、ひとつの仮説が立てられている。



 


2016-02-13

腹上死してしまった高齢者と、膣痙攣を起こした売春女性

売春ビジネスの中ではいろんなことが起きる。

最近、中国で起きた事件はあまりに状況が滑稽だった。そのため、この珍事は全世界に報道されて、その記事が数千人もの人々に共有される羽目になっている。

それは、死んだ高齢者と売春女性がくっついたままブルーのシートをかぶせられて担架(ストレッチャー)に乗せられて運ばれている動画だった。

ふたりは下腹部が結合したまま離れなくなってしまっているのである。

下腹部が離れなくなる事件は、直接見たことはないが、売春地帯ではたまに聞く。性交時に女性が膣痙攣を起こしたとき、ペニスを挟んだまま抜けなくなってしまうのだ。

実は、膣痙攣でペニスが抜けなくなって担架で運ばれるのは、一部では「都市伝説である」とも言われたこともある。

話は聞くが、誰も見たことがない。それで「都市伝説」扱いされたのだろう。しかし、本当にあることがこれで判明した。症例はわずかでしかないが、実際にペニスを挟んだまま膣痙攣を起こして離れられなくなるのだ。

この中国の例の場合、相手の男が死んでいるが、どのような状況だったのかは2つのストーリーが考えられる。



 


2016-01-17

男にとって最も危険なセックスの体位はどの体位なのか?

2015年6月、アイルランドのミラー紙が取り上げて全世界で有名になったカップルがいる。

アイルランドの西部ドニゴールに住むアラン・パークとクラリッサ・ケアンズのカップルだ。

ふたりはまだ20代の若者で、ごく普通の情熱的なカップルだったのだが、大変なことに巻き込まれた。ある夜、ふたりは情熱的にセックスを交わした。それがことの発端だった。

それはとても情熱的なセックスだったが、ある瞬間、そのセックスは一気に悪夢となった。セックスの最中、アラン・パークの勃起したペニスが折れたのだ。

ペニスには骨がないが、折れた瞬間それはボキッと骨が折れるのと同じような音がしたのだという。この瞬間、ベッドが血まみれになり、アラン・パークは絶叫した。

「今までの人生でこんな激痛を感じたことがなかった。それは絶対に耐えられないというほどの最悪の痛みだった」とアラン・パークは後に述懐するのだが、ペニスが折れるというのは、それほどの痛みだったようだ。

その絶叫は隣人の部屋にも響き渡ったという。



 


2016-01-14

ウィニー・ハーロウ。世界で最も美しいまだら肌のモデル

尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)という病気がある。肌の色素がまだらになって抜け落ちる。そのため、見た目がとても不思議な模様になる。

子供の頃から少しずつ色が抜け始め、皮膚の10分の1ほどが色素のない状態になっていくという。最終的に、どのような模様になるのか分からない。

原因はいくつか挙げられているのだが、まだ解明できていない部分も多く、治療方法もない。

人口の1%から2%に発生し、その目立つ容貌にいじめに遭いやすく、本人の劣等感も深いものになるという。

皮膚の色素が抜け落ちた状態と言えば、アルビノもそうなのだが、尋常性白斑は「まだら」に発生しているので、アルビノとはまた違った印象になる。

いずれにしても、見た目が強烈な印象を残すので、こうした病気を持つ人は引っ込み思案になり、人間関係も狭いものになりやすいという。

しかし、ウィニー・ハーロウという女性は違った。彼女はモデルとなって、その強烈な印象を最大限に「強調」し、それを自分の個性にまで昇華してしまった。



 


2016-01-13

街のど真ん中で脱衣・脱糞・マスターベーションする女性

アフリカでは今も精神的に問題のある人々は「悪魔に取り憑かれた」と考えると言われている。

そのため、その体内の悪魔を取り除くために、虐待を加えたり、拷問をしたり、食べ物を与えなかったり、祈祷師に祈らすような民間治療が為されることが多い。

先進国ではこうした精神的な病気はかつては様々な別称で呼ばれていたが、近年では精神分裂症と呼ばれるようになり、さらに最近では「統合失調症」と呼ばれるようになっている。

統合失調症は人とコミュニケーションが取れない非常に扱いの難しい病気だ。

被害妄想にとらわれていたり、幻覚や幻聴にひとりで応えていたり、突飛な行動をしたり、突如として大声を上げたり、大暴れすることもある。

どこの国でも街を歩いていれば、たまに統合失調症の人が叫んでいる光景を目にするが、こうした人たちは一定の割合で目にする。

明らかに日常生活がうまく行えない行動パターンを見せるので、こうした人たちは特別な病院に収容されることになる。この病院は「精神病院」と呼ばれることが多い。



 



お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら