ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆処女取引。カンボジアには、まだスワイパーの呪いが残る ◆ハイチの隣国、ドミニカはアメリカ人の売春島になっている ◆20歳になるまで、私と東南アジアは何も結びつかなかった ◆無理心中。死を招く社会現象は伝染病のように広がるのか
◆ハイチの女性。追い詰められている「褐色の肌」の女性たち ◆パタヤで、「同性」と最後の一線を越える男は多いのか? ◆「悪人はその場でぶち殺せ」は、途上国の共通認識である ◆体重146キロの黒人女性を救った重圧マッサージという仕事

BLACKASIA - www.bllackz.net


有料会員のご登録は、こちらから


ブラックアジア・記事リスト


なぜ、男は自分が不潔であっても無頓着で風俗に行くのか
箱ヘルと呼ばれるファッションヘルスや、ピンクサロンや、ソープランドでは、時おりホームレスの男がまぎれ...
私たちは自分たちが生きている間に次の核戦争を目撃するか
2017年11月18日、アメリカのハイテン米戦略軍司令官が「トランプ大統領が核攻撃を命令しても、違法...
ミハイル・ポプコフ。「俺は売春婦を駆除する掃除人だ」
公道で挑発的な格好をして売春ビジネスをする女性たちは、不道徳極まりない格好で街を歩いて秩序を乱し、街...
依存症に落ちていく人たちを見て自分を振り返るのは大切だ
アメリカでは今、鎮痛剤の一種であるオピオイドの蔓延が深刻になっており、ドナルド・トランプ大統領が国家...
男は多様なのですべての女性が胸を大きくする必要はない
大きな胸を好む男が多いが、逆にそれほど胸の大きさにこだわらない男もおびただしく存在する。普通の感覚を...
社会底辺の貧困層を統計として捕捉するのが難しい理由とは
日本はホームレスが少ない国であると言われている。国が把握しているホームレスは約5000人から6000...
鈴木傾城、ダウン。風邪だと思ったがそうではなかった?
先週あたりから風邪をこじらせて、状況を悪化させていた。確かに最初は風邪だった。(風邪をこじらせて朦朧...
競争しても勝てないのに、ずっと競争させられる時代になった
現代社会で必須の飲料はエナジードリンクになりつつある。現代人は喉が渇いたから何かを飲むのではなく、カ...
奇妙な殺され方をした女性と、ロシア犯罪者の醜悪な暗部
閲覧注意2017年9月5日。ロシア中部スヴェルドロフスク州の田舎町アラミリの家具工場の近くの川べりで...
風邪をこじらせて朦朧としながら、夜の世界の賃金を考える
数日前から風邪をひいた。こじらせないように注意していたのだが、意に反して症状は悪化してしまい、悪寒と...
制限すればするほど社会の暗黒面が育っていく理由とは?
水商売の女性と風俗の女性は「売れ筋」がまったく違うというのは、その業界の人々の一致した意見である。デ...
飢餓で助かっても、再び飢餓に陥るしかないイエメンの地獄
中東では、イスラムのスンニ派とシーア派が骨肉の争いを繰り広げている。スンニ派がイスラムの主流であり、...
白石隆浩は、スカウトで女をモノとして扱うようになった
東京は売春と風俗の激戦区だが、その中でも歌舞伎町は石原慎太郎都知事時代に浄化されたにもかかわらず、今...
米大手企業がいよいよマリファナをビジネスとして認識する
かつての売春地帯には、セックスと、アルコールと、ドラッグの3つが退廃に欠かせないものとして認識されて...
女性は、必ずしも自分の身体が自分のものと思っていない
売春ビジネスに関わっている女性や、風俗で働いている女性たちは、別にセックスがしたいからそこにいるわけ...
死ぬのが怖いのではなく、生きるのが怖いと思うようになる
2017年10月30日、座間市のアパートで9遺体が発見されて白石隆浩という男が逮捕されている。この男...
身体だけが満足してもそれは100%のうちの50%でしかない
人間が求める快楽の中で最も重く深いものは「性の快楽」である。セックスは、それを手に入れるために人生を...
同じものを見ても、自分とは180度違う感じ方をする人もいる
幼稚園や小学校低学年の子供たちにとって、二十歳の女性はとても「大人」に見える。たとえば、幼稚園の子供...
女性が違う人種の男の遺伝子を求める心理の奥にあるもの
以前、フィリピンの売春地帯アンヘレスで、23歳の女性をバーファインして、ソクソクの後にベッドの中でい...
2017年11月。ブラックアジア有料メンバーの募集のお知らせ
あまり表側には出てきていないのですが、アンダーグラウンドの女性と話していたりすると、現在の日本の風俗...
無数のペニスを見つめてきた風俗嬢だけが書けるイラスト
男は自分のペニスをしげしげと見ることはあっても、他の男の勃起したペニスをしげしげと観察することも見つ...
好きになった女性がレディーボーイだとしたら受け入れるか?
2000年前後のカンボジアの売春地帯には、レディーボーイはひとりもいなかった。この当時のタイの売春地...
男の性格、性器、性病。身体を売る女の心を破壊するもの
風俗嬢が出入りするサイト、ブログ、SNS等を片っ端からスクレイピングして大量に読んでいると、彼女たち...
犯罪者を野放しにしているメキシコで起きた少女レイプ殺人
閲覧注意ドラッグと殺人に揺れるメキシコは、2017年6月の殺人件数が過去20年で最多であったことが国...
忘れてしまったアイデンティティ・ソングを探しにいく旅
自分という人間はひとりしかいない。自分と同じ人生、同じ経験、同じ感受性を持った人間は他にいない。だか...
売春ビジネスに携わる多くの女性に子供がいるということ
日本には風俗嬢が30万人近くいるのではないかと言われているのだが、その中で4人に1人はシングルマザー...
自分の培ってきた常識が唯一絶対であると思うのは間違いだ
ロシア人とアメリカ人は、実はあまり仲が良くないことで知られているのだが、その理由は文化的な相違から来...
高身長の女性が敬遠される理由と、高身長の女性を好む男
タイの売春地帯パタヤのオープンバーでだらしなく時間を潰していた時、身長が180センチ近いタイ女性がい...
他人の稼ぎに寄生して自由が得られるわけがない理由とは?
アンダーグラウンドには、自分で働くよりも稼いでいる女性に寄生して金をとことん吸い取る生き方をする人間...
女に食わせてもらうためにやっている男たちの手口とは?
この世には、女たちの肉体を食い漁る男とは別に、女たちに寄生して吸血コウモリのように「金」を吸い続ける...
プロの風俗嬢より素人の浮気相手が既婚女性に嫌われる理由
ひとり暮らしの女性は社会的に不利な立場にある。これは世界中どこでもそうだし日本もそうだ。日本は、シン...
バングラデシュで生まれているロヒンギャ女性の売春地獄
ミャンマーのラカイン州北部で起きたロヒンギャ族に対する対立と暴力と迫害は今年の夏から過激なものになっ...
他人の価値感に合わせても無駄なので我が道を行くのがいい
日本人は最近になってやっと「価値感の相違」は埋められないことがあると理解するようになった。文化の違い...
玉の輿。金持ちの男に次々と出会う奇妙な「職場」がある
先日、ダークネスのメルマガの中で、女性が不労所得を得るための方法として「玉の輿」があると書いた。(な...
山谷。かつてのドヤ街の光景から少子高齢化の未来が見える
日本は少子高齢化を放置してきたので、地方からどんどん寂れてしまっている。人口は急激に減少して、地方の...
旅慣れた人も事件に巻き込まれるのは、人は見抜けないから
タイのパッポンやスクンビット界隈では、片足がない男が観光地で地面を這って物乞いをしていることがある。...
「仕事が欲しければ俺と寝ろ」役職を持った男と性欲の闇
映画制作会社「ミラマックス」の創業者であるハーベイ・ワインスタインというハリウッドを代表する大物プロ...
新しいことはすぐ忘れ、古いことは忘れない現象の意味とは
個人的な体験、個人的な秘密、子供の頃の想い出……。自分自身の体験の中で印象的なものは、自分の脳裏にし...
銃が規制されている国で突如として殺されるとしたら刺殺だ
閲覧注意アメリカや中南米のように銃が蔓延した国では、殺意を持った男が人間を殺す時には手っ取り早く銃を...
ヨコハマメリー。誰でも自分の輝いていた頃は忘れられない
横浜ニューテアトルで、10月に映画『ヨコハマメリー』を再上映するという情報を聞いた。この映画は200...

1
2
3
4
5
6
7
8
9









お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら