ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆連れ込まれ、レイプされ、洞窟に落とされて殺された女性 ◆ついに女性を発情させる合法薬が承認される日が来るか? ◆ファリドプル。ダッカからバスと船を乗り継いで行く売春地帯 ◆十年以上も前にレイプされて殺された娘を思い続ける母親
◆戦争になれば、すべての女性が時代に翻弄されて不幸になる ◆ボンデージ・ファッションに隠された意識転換の秘密とは ◆経済格差が固定化していくと生まれる衝撃的な存在とは? ◆元妻のところに押しかけ、妻と赤ん坊を壁に叩き付けて殺害

BLACKASIA - www.bllackz.net


有料会員のご登録は、こちらから


ブラックアジア・記事リスト


アーリーリタイアしても、必ずしも幸せになるわけではない
マネーボイスに私の文章『身ぐるみ剥がれた日本人は「海外リタイア生活」の最期に何を見たのか?=鈴木傾城...
業者に撮られてネット上に流出した60人の女性の全裸写真
私の知っているあるAV女優は「自分からプロダクションに行った」と笑った。(AV女優(1)。スカウトで...
生活を落としても生き残る「したたかさ」を身につける方法
現在よりもダウングレードした環境で生き残らなければならない状況に、私たちはいつでも陥る可能性がある。...
コカイン娼婦。コカインで異常を呈している売春少女の姿
メキシコは狂気のドラッグ大国だ。このメキシコの凄まじい現状についてはこちらで取り上げた。(「殺戮大陸...
地獄から這い上がれない人間にも捨て身の夢の叶え方がある
「面白おかしく好きに楽しく生きたい」と誰もが考える。しかし、それでも私たちは自分自身にブレーキをかけ...
スキンヘッドの女性に、あなたは魅力を感じるだろうか?
私は髪の長い女性に惹かれるが、だからと言って髪の短い女性が嫌いなわけではない。髪の長さも女性の個性な...
インドで止まらないレイプと、頭を割られて殺された少女
閲覧注意インドではレイプが多発する危険な国なのだが、2012年12月16日にバスの中で女性がレイプさ...
「死にたい」というのは理想。「死ねない」というのが現実
イギリスのロック・グループである「The Who」のピート・タウンゼントは、大ヒットした曲「マイ・ジ...
ホリデー・ホラー。ファランが次々と死ぬパタヤのホテル
2016年5月、パタヤでひとりの男が姿を消した。スコット・バルフォーという元兵士で35歳のスコットラ...
電子書籍『デリヘル嬢と会う』アマゾン・キンドルにて発売
ブラックアジアでは2015年から「ブラックアジア・イン・ジャパン」として、日本の風俗の中心となってい...
この動画の老人が若い女性と性行為して手に入れたいもの
インドネシアで高齢の華僑の老人がビデオをセットして若いインドネシア女性の愛人との性行為を撮った粗い動...
3秒に1人を殺す細菌が性産業の女性を皆殺しにするのか?
ここ数年、医学界が強く懸念していることがあるという。それは次のような事態だ。 「もはや既存の抗生物...
ほどよい無法地帯が生まれたら、やがてハイエナも現れる
東欧の女性が放り込まれている場末の売春宿というのは、女性がアルコールとドラッグで精神を麻痺された中、...
人間社会は、順応できない人間をどのように淘汰するのか?
元々、自分勝手で粗暴でうまく生きられない人間がいる。人の言うことは一切聞かず、無理に押さえ付けると激...
女体カレー盛り。摘発されたデリヘルと女性の大量の画像
「女体盛り」という奇妙なものがある。これは女性の身体の上に、刺身などの食べ物を載せて、それを食べるシ...
結合双生児。まったく同じ環境で生きていても気質は違う
もし、ここに2人の人間がいたとする。同じ環境で育ち、同じ家庭で暮らし、同じ学校に行き、同じ友達を持つ...
日本人を拉致監禁していた3人の男たちの裏側に見える闇
フィリピンで、ふたりの日本人が同じ日本人に殺害された事件があったばかりだ。(長浜博之が完全否定するパ...
安全なはずの売春地帯で死んだ男たちの死体を見て考える
閲覧注意2017年5月30日、日本人がフィリピンでバラバラにされて殺された事件は、例の如く保険金殺人...
長浜博之が完全否定するパラワン日本人バラバラ殺人の裏側
2017年5月30日。フィリピンのブスアンガ島で、ふたりの日本人が行方不明になった。ひとりは大阪府出...
祖母も母親も娘も売春で生きる光景は他人事ではなくなる
いったん閉鎖され、取り壊され、そこで働いていた人たちを追い出したら、その売春地帯が復活するのは絶望的...
「ただで分け与えるくらいなら捨てる」のが資本主義の論理
インドでは道ばたで朽ち落ちたように餓死して死んでいく貧困層もいる。ユニセフが子供たちの環境について調...
最底辺の売春(中国編)。男の性欲を次々と処理する女性
1980年代から90年代、タイのバンコクには「冷気茶室」という売春宿があった。(冷気茶室。男の天国、...
剥き出しの暴力は最終的にインターネットから消されていく
イギリスでイスラム過激派によるテロが多発しているのだが、こうしたテロが起きる背景にインターネットによ...
脅されて震え上がる女性の姿と、抜けられないことの恐怖
閲覧注意どこの国でもアンダーグラウンドには暴力組織が存在する。表側の世界では生きていけない粗野な男た...
あなたも、その世界で覚えた生き方や考え方から逃れられない
人はその世界に長く居すぎると、そこに自分の考え方や生活のリズムや習慣が積み重なって、徐々にそれを変え...
売春する女性の身体の痛みを、防犯カメラが記録していた
売春する女たちの仕事は、自分の身体を男に与えることである。男が自分の身体をどのように扱ってくれるのか...
2017年6月。ブラックアジア有料メンバーの募集のお知らせ
早いもので、もう6月になっております。2017年の折り返し地点となりました。5月は13年ぶりにプノン...
「毎日、違う男とベッドに行くのは慣れたので問題ない」
プノンペンはかつての置屋タイプの売春地帯を消し去ったが、それで売春ビジネスが消えたわけではない。依然...
自分の前腕が火傷のように日焼けして、白い肌のことを思う
久しぶりのカンボジアは着いたその瞬間から雨まじりの天気だったので、熱帯の日差しについての防御をすっか...
タイ女性の、奇妙なバラバラ遺体はこのようなものだった
閲覧注意タイの歓楽街は、その多くが東北地方(イサーン)から来た女性たちで占められているのだが、イサー...
生物をハックする人間たちは光を生み出すか闇を生み出すか
巨大製薬会社のビジネスモデルというのは、新しい薬を開発して特許で固め、ライセンスが切れる20年近くの...
「年上の女」は10代の男の子にとってはセックスの案内者
フランスで若くして大統領になったエマニュエル・マクロンは、その妻がブリジット・トロニューと言って24...
アメリカの「H-1Bビザ」の裏側に潜む多国籍企業の本音とは
アメリカ人ではない人間がアメリカで働くためには、ビザが必要だ。アメリカでは10種類以上ものビザの種類...
安い薬品でタトゥーを消したタイ女性の皮膚はこうなった
閲覧注意カンボジアの女性もタトゥーを入れている女性をちらほら見るようになったが、まだタトゥーだらけと...
東南アジアでレンタルバイク、保険もなく事故を起こした女性
閲覧注意ジェニー・エヴァンスという22歳のイギリス人の女性は東南アジアを回る冒険旅行に出た。数年かけ...
さようならプノンペン。私は再びカンボジアを取り戻した
東南アジアに乗り込む時は気分も高揚していて幸せに満ち溢れているのだが、帰る頃になると後ろ髪を引かれる...
廃墟ビルの荒廃と売春する女性に依存する心の荒廃(2)
廃墟ビル前の道路には、よく見ると他にも女性が立っていて、道路には私をじっと見つめている男の姿もあった...
廃墟ビルの荒廃と売春する女性に依存する心の荒廃(1)
1999年前後、プノンペン南部にある「ブディン」を初めて見たとき、「こんな廃墟のビルに人が住めるのか...
現代プノンペンの姿を大量の写真で一挙に見る(昼間編)
カンボジアが成長期に入っているというのは、ストリートをうろつき回れば本当によく実感できる。古い建物が...
「あなたの名前は岡本よ」と2015年に言われたかった理由
カンボジア・プノンペンの136ストリートには、今や数多くのガールズ・バーがひしめいており、それがプノ...

1
2
3
4
5
6
7
8
9









お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら