閲覧注意
女性にとって大切な容姿を一瞬にして破壊するのが、アシッド・アタックと呼ばれるものだ。強酸を女性の顔面に投げつけて、女性の皮膚をドロドロにさせてしまう。

こんな残虐で、卑劣で、痛々しい犯罪は他にない。こんな事件は絶対にあってはならないものである。

ところが、そのあってはならない犯罪が、実は大量に起きている。東南アジアでも、そしてインド圏でも、あるいは中東でも、女性たちが次々とアシッド・アタックで傷つき、うめいている。

私自身は、バングラデシュで実際にアシッド・アタックされた女性と知り合って、このアシッド・アタックに関心を持つようになった。

こうしたアシッド・アタックは、ブラックアジアでいくつも取り上げて来たが、ここでまとめてみたい。


(シリーズ)アシッド・アタックされた女性たち



バングラデシュで続出する凄惨なアシッド・アタックの数々




パキスタンでアシッド・アタックした男が無罪放免になった




バイオレンス。カンボジアに渦巻く暴力の裏に何があるのか




売春地帯で、初めてアシッド・アタックされた女性を見た日
(この記事のみ、会員制です)




ケイティ・パイパー。アシッド・アタックから立ち直った女性




酸攻撃された女性、手術費のためにテレビのクイズ番組に出演




ストーキングされ続け、最後に酸を投げつけられたインド女性



酸攻撃。被害報道が女性をさらに危険に落とす地獄の悪循環



ジーンズの女性には硫酸テロをすると宣言するインド民族主義者




女性に酸を投げつける酸攻撃が日本に上陸する日はあるのか?