カンボジア編
アジアをさまよって売春をする女たちと刹那的に一緒にいても、通り一遍では彼女たちの心の中を知ることは難しい。社会的な環境も違い、文化・世代・言語さえも違う。

自分と一緒にいる娘たちの心の中に何が渦巻いているのか、その正確なところは男たちには永遠に分からないものなのだろう。

プノンペンに降り立ち、70ストリートで女性たちとたわむれる。

熱帯の寝苦しい夜、ベッドの中で彼女がどんな生い立ちで、どのように堕ちたのか、たまに聞くことができる。ひとつの枕を分かち合いながら、彼女たちはいろんなことを話してくれる。


売春地帯の裏側


しかし、それでもやはり分からないのだ。

いったいなぜ、彼女たちは売春宿にいるのか。なぜ貧民窟70ストリートに流れてきたのか。なぜボロボロになるまで働いているのか。誰に縛られているのか。なぜ警察は彼女たちを保護しないのか……。

貧困のためにそうなったとか、警察は信用できないとか、いろんなことを断片的に聞く。

しかし、全体像がぼやけたままだ。彼女たちの置かれている状況というのがよく分からない。

たとえば、人身売買で売られたのなら、警察に駆け込めばいいのではないか、と最初の頃よく考えていたものだった。売春宿には毎日のように警官がやって来る。

彼らは捜査のためではなく、金をタカリに売春地帯に来ている。しかし、曲りなりにも警察官は警察官だ。

もし、娘が人身売買されて売春を強要されているのなら、やってきた警察官に助けを求めれば、必ずや救出してくれるに違いない。人身売買されたというのなら、なぜそうしないのか、理解できなかった。

しかし、事情が分かってくるにつれて、彼女たちが蜘蛛の糸に絡め取られた昆虫のような状況になっていることが見えて来る。

薄皮を剥ぐように、売春地帯の裏側に隠された醜い現状が分かるようになって来ると、女性たちを取り巻く周辺の、あまりの醜悪さに気分が悪くなって来る。

皆様には覚えておいて欲しいのです


2000年9月7日から9日の2日間、「カンボジアの性と発展」というテーマで第一回国際会議が行われた。ここで、70ストリートの現役売春女性が勇気あるスピーチを行った。

セックスワーカーズ組合のメンバーのひとり、ダイナ・チャンが話した内容は、今まで断片的に聞きかじっていた様々な話を、あるべき場所にぴっちりと収めてくれたものだった。

一般のカンボジア人は売春地帯の女性をどう思っているのか、彼女たちは社会的にどう扱われているのか、そしてなぜ彼女たちは警察に行けないのか、ダイナ・チャンはすべてを語っていた。

まず、社会は売春女性をどう思っているのか?

タイやカンボジアは一般的に男女関係は緩やかに結びついており、一夫一婦制の枠にははまっていないと言われている。

しかし、それでも売春女性を見る社会の目は非常に冷たい。彼女たちはエイズや性病を撒き散らす「厄介者」と思われ、保護されるどころか、蔑まれ、忌避されている。

世界中どこでも、売春婦は嫌われ者だ。

「金で身体を売るだらしのない女」「病気持ち」「エイズ」「社会の落ちこぼれ」

人々は平然とそのように言う。性的な問題を起こした女性を辱めるときに男が投げつける言葉も「淫売」とか「売春婦」という言葉である。

いかに一般社会の人々が「売春婦」を嫌っているか、そんな侮蔑の言葉だけでも、察することができる。

カンボジアでもそうだ。

金のために「誰とでも寝る」ような女は、良くない女である。そして、社会は女たちを徹底的に差別する。ダイナ・チャンはそれに対して次のように言う。

皆様には覚えておいて欲しいのです。私たちは「厄介な問題」ではありません。私たちは「動物」ではありません。

私たちは「病原体」ではありません。そして、私たちは「生ゴミ」ではありません。

私たちは感じることのできる気持ちがあり、心臓があり、肉があり、皮膚があり、骨があります。私たちはあなた方の姉妹であり、娘であり、孫娘なのです。

私たちはあなた方と同じ人間です。そして、私たちは誰からも敬意を払って接して欲しいと思っている女性です。

皆様の安らかな休息と同じものが私たちも当然の権利として必要なのです。

あなたの目は私を見ない


売春地帯70ストリートに働く彼女は、悲痛な思いでそう言わなければならなかった。

それは、つまり彼女たちは社会にとって「厄介な存在」として認知されていることを意味している。

家庭を預かる主婦にとって、売春女性の存在は、自分の夫を誘惑し、病原体を撒き散らし、家庭をめちゃくちゃにする厄災そのものだ。

だから、売春をする女たちは社会の中で敵視され、孤立無援の中にある。そんな状況を、ダイナ・チャンはこう言う。

私は国民でない。私は人でない。あなたは私を病原体だと考えている。私は(あなたの)目に見えない。あなたの目は私を見ない。あなたは私が嫌いである。あなたは私を非難する……。

警察の腐敗についてはどうだろう。カンボジアの警察は腐敗と汚職のまっただ中にあり、国民は誰も警察を信じていない。

「人身売買された少女はなぜ警察に救いを求められないのか」「なぜ警察は彼女たちを助けようとしないのか」というのは実は前から疑問に思っていたことだ。

確かにときどき、売春宿から少女が救い出されたというニュースを目にする。

2000年11月3日も、63ストリートのマッサージ屋「海軍」から人身売買されたふたりの少女が救出されたという事件があった。

よくよく調べてみると、救出したのは確かにプノンペン市警察だが、実はプノンペン市警察の他に、プノンペン地方裁判所と国連組織のUNCHOCHR(国連高等弁務官カンボジア事務所)が絡んでいた。

UNCHOCHRは「UN Cambodia Office of the High Commissioner for Human Rights」の略だ。最後のHR(Human Rights)は「人権」を指している。

つまり、ふたりの少女が救出されたのは国連の人権組織が裏にいたからであり、もし国連がいなければ、彼女たちが救出されることはあり得なかったというのが大方の見方である。

その後、保護されたふたりを預かったのもUNCHOCHRであることを考えると、それはうなずける話だ。

なぜ、警察は助けないのか?


もし、裏に国連が絡んでいない場合、警察はいったいどのような動きをするのだろうか。

この点についてダイナ・チャンの答えは明快だ。国民の人権を守り、守らせる立場にあるはずの警察が、実は彼女たちに「もっともひどい仕打ちをしている」というのである。

警察はどうすれば私たちを守れるかと忙しく考えている振りをしていながら、実は私腹を肥やしているのです。

貧民窟70ストリートに3人ほどの警官が置屋をぐるぐる巡ってはママサンから金をせびっているのは、ときどき目にしている。彼女はこう言及している。

警察はほとんど毎日、トゥール・コック地区にやってきます。彼らには来る理由があるのです。お盆(プチュム・バン)の前になると、かなり頻繁にやって来るようになります。なぜなら私たちから簡単にお金を収奪できるからです。

もし、置屋が支払いを拒否したり、支払うべき金がなかったり、あるいは抵抗したり反抗したりするといったいどうなるのだろうか。

あるいは、腐敗警官がもっと金をせしめたいと考えたとき、70ストリートの娘たちはいったいどういう目に遭うのか。

そしてカンボジアの警察は、誰も見えない監獄の中で、何を画策しているのかもダイナ・チャンは暴露している。

警察長官は裁判所で立ち上がって、「私たちは少女を逮捕したりしない」と述べます。これは嘘です。大きな嘘なのです。

警察は私たちを逮捕します。そして私たちのお金を取り、宝石を取って行くのです。

ある時は、部屋の中にあるわずかな所有物の中から、ベッドカバーのようなものまで持って行ってしまいます。

もし、拘置してされている一日か二日の間に保釈金を払うことができなければ、彼らはわずかな水でさえ私たちに与えてくれません。

私たちがどうしても保釈金が払えないと確信したとき、彼らは別の売春宿のオーナーにひとり100ドルで私たちを売り飛ばすのです。

それから私たちは再び売春宿の奴隷となり、新しいオーナーに負債を抱えます。

そうです。これは警察による人身売買です。警察は私たちを奴隷制度の別のサイクルとして、売り飛ばすのです。

彼らは私たちが売春から解放されることに興味があると思いますか?

もちろん、答えはノーです。そんなことをすると、彼らは自分たちの金づるを失ってしまうのです。

一日後、私たちは約15,000リエルを当局と地元警察に支払わなければなりません。

やっと解放されたと思っても、それから別のグループの警察がやって来て私たちを逮捕するのです。

もし、私たちは逃げたり隠れしなければ、私たちは再び売春宿に売り飛ばされます。

彼女が売春に身を落とした経緯


人身売買された少女はなぜ警察に救いを求められないのか。他の国では警察というのは国民を保護する組織である。

しかし、カンボジアは逆だった。保護すべき女性を刑務所に送り込んで、金を持っている人間に売り飛ばす「人身売買組織」だったのである。

売春宿の経営者は、刑務所につながれた娘たちを、まるで動物のように品定めして警官から買い取る。

そして、その借金を娘たちに負わせるのだ。

売春地帯に堕ちた娘たちは、国家公務員の手によって際限のない地獄の中でもがき苦しむことになる。警察については、最後に彼女はこう語っている。

人権団体は私たちのような女性たちを保護するように警察に働きかけます。しかし、それは考え直して下さい。彼らは私たちの血を吸って生きているのです。

ちなみに彼女が売春に身を落とした経緯も述べられている。

彼女は貧しい家庭の出身で、学校に通うかたわらアルバイトで皿洗いをしていたようだ。ある夜、帰りにひとりの男が彼女の後を尾けてきて彼女を何度も殴りつけてレイプした。

その男は別の男に彼女を売り飛ばし、彼女はスタン・トレン地区のとある豚の屠殺場に監禁される。

そこで6人の男にギャング・レイプ(輪姦)された。レイプは一日中に及び、彼女は苦痛のあまり気絶する。それが彼女の転落の始まりだった。

彼らは私を殺してしまったのです。私の中で何かが死んでしまいました。決して私は以前の自分には戻れません。

コンドームの教育は無駄


女性がレイプされ、精神的に傷つき、そして自分がどんなに汚されても平気だと、さらに自分を追い詰めていく自傷的な姿……。

それはダイナ・チャンだけではなく、たとえばシンガポール出身のポルノ女優であるアナベル・チョンの行動にも見られる。(アナベル・チョン。シンガポールを震撼させたひとりのポルノ女優

ダイナ・チャンは、5年に及ぶ売春ビジネスをどう思っているのだろうか。

私が過ごした過去5年間は、あなた方が思っている以上の苦しみに苦しみを重ねた人生でした。私は飢餓を知っています。私は奴隷の状態を知っています。私は一日中働かされることの苦しみを知っています。

さらに私は、毎日行われる肉体的な暴力や拷問がどんなものかも知っています。

差別や、国民に憎まれていることも知っています。私は自分が社会から受け入れられない存在であることを知っています。

私は恐怖を知っています。私は毎日それを感じているのです。今でも、私にとっては自分の人生を話すことは危険なことなのです。

エイズについてはどうだろう。彼女たちは差別の渦中にいるが、その原因としてシーダ(エイズ)がある。

カンボジアは東南アジアで最悪のエイズ汚染地帯である。

不治の病を撒き散らす病原体が売春地帯に潜伏し、売春女性を通して広まっていくことは誰でも知っている。

そういう意味で、もともと社会から蔑視されていた彼女たちの立場は、さらに深刻になったと言える。

しかし、視点を逆にして彼女側から見てみると、エイズを持ち込むのがどちら側なのか分かる。

そしてさらに、人権団体が啓蒙のためにコンドームを使うよう女性側に教育するのは無駄なことであるとダイナ・チャンは言う。

あなた方、開発組織は私たちにコンドームを与え、エイズについて多くの時間を割いて教育します。

しかし、あなた方の教えは要りません。あなた方の判断は要りません。私たちがどうすればベターなのかという回答など要らないのです。

私たちはエイズについて知っています。私たちは、自分たちの仲間が病気になって死んでいくのを見ているからです。

しかし、客にコンドームを使うように決める権限が私たちにあると思いますか? 私を見て下さい。あなたにはひとりの女性が見えるはずです。

しかし、私のボスの目には「ドル」が見えるのです。客が特別料金をボスに支払うならば、コンドームは使わなくてもいいのです。

もし私が抵抗すると、私には殴打が返ってきます。

もし、私が明日死んだとしても、誰も気にもかけないでしょう。私のように騙されて、人身売買されてやって来る娘がたくさんいるからです。

売春宿の経営者は、娘たちがコンドームをつけようとつけまいと何とも思っていない。

しかし、客がコンドームをつけたくないと言って娘がそれを拒否すると、客を失うことになるので激怒する。

娘がエイズにかかって死のうと、そんなことはどうでもよくて、ただ金のことしか考えていない。

世間では彼女たちがエイズをバラまく加害者のように言っているが、実は彼女たちが売春という巨大システムの被害者だということが分かる。

彼女たちにエイズを移したのも男なら、彼女たちからエイズを持ち帰るのも男だ。

すべては男の身勝手が引き起こしているのがエイズ問題と言ってもよい。エイズ教育をしなければならないのは彼女たちではなく、男たちの方だ。

何がベストなのか?


70ストリート、そして多くの売春地域の娘たちが、差別・搾取・疫病・暴力、そして底知れぬ恐怖の中で生活している。

それは、改めて言われるまでもなく、誰もが気づいていることだ。そして、誰もがこの問題に目をつぶってきた。

娘たちは銃を取って戦ったり、法律闘争をしたり、政治に訴えたりはしないので、問題は闇から闇へと葬り去られるのが常だった。

この中でダイナ・チャンは何を思い、これからどうしたいのかも述べている。

私はあなた方開発組織の避難所に行き、あなた方が捜してきた工場で編み物を習ったりしたくはありません。

それは私が望んでいるものではないのです。

こんなことを言うと、あなた方は私のことをスレイ・コイット(売春婦)と呼び捨てるに違いありません。

そう言い放つのはあなた方にとって簡単なことです。なぜなら、あなた方は自分でも理解できないほど難しい問題に、裁縫の仕事を与えるという簡単な解決方法を持っているからです。

ちなみに、なぜあなた方開発組織の方々にこの問題が難しいのかというと、あなた方は私の本心を決して聞こうとしないからです。

私には、もはや今の生き方が私の人生になっているのです。

私はもう引き返すことができません。どうかこの生き方を続けさせて下さい。


私の職業を認識し、私に権利を与えてくれることこそが私を保護することになるのです。そうすることによって、私は正義を要求する力を持つことができます。


私たちのような売春女性を保護する法律を制定し、私たちを食い物にするような搾取を禁止させ、私たちの仕事の利益の100%が私たちに入るようにして下さい。


私たちの仕事を正当な仕事であると認識して下さい。セックスの仕事も、仕事なのです。


警察のいやがらせ、権力の乱用、そして暴力をやめさせて下さい。私たちに人権を与えて下さい。


私たちが自分を保護できるように、この仕事を合法化し、コンドームを100%使用できる環境にして下さい。

風俗産業が合法化され、我々に運営権や経営の権利があるのならば、売春宿に連れて来られる幼い子供を保護することができます。

風俗産業を合法化させ、一定の統治権の中で搾取や警察によるいやがらせを防止し、コンドーム着用を義務化して風俗嬢の健康を守る。これがダイナ・チャンの描くシナリオのようだ。

70ストリートの売春婦たちの中から彼女のように主張し、孤立無援の中で活動を開始する人物が現れたことに私は驚きを隠せない。

ダイナ・チャンや彼女の仲間たちの活動が実を結べば素晴らしいことだ。

娘たちの搾取がなくなり、売春が合法化され、奔放で開放的で熱帯の太陽のように明るいクメール女性がますます輝きを増すならば、それは大賛成だ。

しかし、私は心配している。

このようなことを暴露した彼女はカンボジアで生きていけるのだろうか。殺されないことを祈るばかりだ。そして、彼女の理想郷(ユートピア)が実現されることを心から願っている。

売春する女性たちが差別されることなく生きていける社会。
理想郷(ユートピア)……。


カンボジアの売春地帯の光景。ダイナ・チャンもまた、こういったところで暮らしている。