戦前の事件なのに、今でもなお名前を知られている特異な猟奇事件が「阿部定事件」である。

この事件は、どこかで女性が相手の男性器を切断する猟奇事件が発生するたびに「元祖」として、繰り返し繰り返し紹介される。

内容はよく知らなくても、阿部定(さだ)という名前だけでも知っている人も多い。

この女性は事件を起こした当時は「女中(現代の言葉で言うとウエイトレス)」だったので、ずっと女中だったと思っている人が多いが、それは違う。

この女性が、どこから来た、何者だったのかご存知だろうか?

......