いつの時代でも永遠に続いている女性に対する暴力。それは、結婚した男や、ボーイフレンドから振るわれる暴力である。

こういった暴力を「ドメスティック・バイオレンス」というが、欧米のドメスティック・バイオレンスは激しいものが多い。

女性を力任せに殴って眼底骨折させたり、鼻の骨を折ったり、肋骨を折ったり、歯を折ったり、被害者の被害写真を見ると、非常に凄惨なものが多い。

人間は感情の生き物だから、ときは不機嫌だったり、イライラすることは誰でもある。

しかし、そうではあっても、自分の妻や、ガールフレンドに対して、これほどの暴力を振るうことができる男がいることが理解を超える。

......