日本でも昔は「シンナー遊び」をする子供たちがたくさんいて、一時はそれが社会問題になった時代もあった。

しかし、日本のシンナー遊びはすでに廃れて、今はそれがどんなものなのかを知る日本の子供たちは少ない。

しかし、一歩世界に出ると、いまだにシンナー遊びは健在だ。貧困国では、どこでも子供たちがシンナー吸引に耽っている。

親に棄てられ、社会に棄てられ、ストリート・チルドレンとなった子供たちが東欧バルカン半島にも、ウクライナにもロシアにもいる。

彼らがマンホールの地下で集団生活をしながら、シンナーに染まっていく。誰かがそれを教えると、集団生活をしている子供たちが全員、それに染まっていく。

心地良い気分になれるし、嫌なことも忘れられる。子供たちにとっては手軽な麻薬と同じで、いつしかシンナー中毒になっていく。

......