人間は誰でもマナーを重視する。そうしないと不作法な人だと思われる。その結果、人間関係の中で衝突して、嫌われたり、のけ者にされたり、馬鹿にされたりする。

だから、マナーをきちんと守って礼儀正しくいるのは人間として当然のことなのだ。自分もマナーを守り、他人もマナーを守り、それで人間関係は円滑に進んでいく。

基本的に、どこの国でもこれはまったく同じだ。

マナーを守れない人間は「軽蔑すべき人間」なのである。そういった人間は、理解される前に、問答無用で嫌われる。マナーを守れない人間と一緒にいても疲れるし、イライラするから、誰もそんな人間と一緒にいたくない。

それほどマナーを守るということは重視されているし、それは人間社会にとって重要なことなのである。

ところが、ここに大きな問題がある。

......