中国湖南省。12歳の少女のお腹が膨らんでいったとき、両親は娘が太ってきていると思った。娘自身も自分の体内で何が起きているのか分からなかった。

しかし、あまりにも変だった。もしかすると、何らかの悪性腫瘍かもしれない。父は彼女を医者に連れて行った。医者は検査をして、それが悪性腫瘍ではないことを父に報告した。

もっと驚くべきことに、それは妊娠だった。

父は激怒し、いったい相手は誰なのかと娘に問い詰めた。娘はまったく口をきかず、2日間に渡って沈黙を守った。

やがて彼女は真相を伝え始めた。

彼女は11歳のとき、学校の先生にオフィスに来るように言われ、行くと水を出されたので、それを飲んだという。そして、意識が遠のいていった。

しかし、朦朧とした意識の中で、彼女は自分の服が脱がされ、先生も服を脱いでいたのを覚えているという。彼女はレイプされていた。

......