売春地帯では、これを持っていないと死ぬ確率が跳ね上がるというものがある。言うまでもなく、コンドームだ。

コンドームは、登山で言うと命綱みたいなもので、無防備に登っても何ら支障はないが、世の中は幸運ばかり続くわけではない。

まったくコンドームを使わないという男もいて、なぜかそういう男がピンピンしていることがある。しかし、かなりの高確率でトラブルに巻き込まれるのは間違いない。

コンドームが、面倒だとか、快楽が薄れるとか、そんなことを言っている場合ではない。生きるか死ぬかの問題だ。

世界最大の販売数を誇るコンドーム・ブランドはどこだかご存知だろうか。それはデュレックス(durex)である。世界市場の四分の一がこのコンドーム・ブランドである。

日本は知らないが、シンガポールでもタイでもインドネシアでも大体このメーカのものが使われている。特にタイではほとんどがこのブランドではないだろうか。コンビニでも、レジの横に必ず常備されている。

......