永遠に若さを保てる人はいない。人は老いていき、若さを失い、やがてこの世から消えていく。永遠は存在しない。女性も美しさを保てない。

どんなに美しく、どんなに輝いている女性であっても、やがて気がつかないうちに枯れていく。

少女は、ただ若いというだけでとても美しい。弾けるような躍動感、みずみずしさ、美しさ、可愛らしさ。何もかもが素敵で、とても愛くるしい存在だ。

しかし、やがて少女は娘になり、大人になり、老いて輝きを失っていく。そして、かつて少女だった女性は最後に命を終えて消えていく。

若さが大切なのは、なぜか。

そう問われたとき、すぐにその理由を答えられる人はそれほど多くない。この答えは、「永遠ではないから」だ。リミットは決まっている。そして、二度と戻って来ない。それは、後になって取り返そうと思っても、取り返せない。

......