すでに日本は貧困型の売春をする女性が山ほどいて、風俗や出会い系に堕ちている。

この流れはとても大きなものになっていて、シングルマザーの女性が安心して風俗で働けるために、託児所を用意している風俗店まである。

本来は国がシングルマザーたちの苦境を助けなければならないのだが、国がやっているのは丸っきり逆だ。シングルマザーが生活保護申請にやって来ると、「若いのだから働けるはずだ」と追い返しているのである。

しかし、シングルマザーが早退や欠勤が多くなるのは多くの企業が知っており、最初から雇わないか、雇ってもパートにして早退や欠勤分はしっかり引くので、どのみち生活が安定しない。

不況はこれからもどんどん深刻化していく。どこにも雇ってもらえなくなった女性たちが増えると、その多くが風俗や出会い系に流れていく。

今や、貧しさで追い詰められた多くの女性が風俗で生計を立てるか、出会い系で身体を売るところにまで到達している。

......