盗撮、盗聴、リベンジ・ポルノ、パッキングによるプライバシー画像の流出。今、女性の肉体が危機にさらされている。

スマートフォンやコンピュータが当たり前になった現在、全女性がありとあらゆる場所で「のぞき」や「プライバシー侵害」の被害に遭うようになってきているのだ。

2013年8月16日、アメリカの「ミス・ティーンUSA」であるキャシディ・ウルフという19歳の女性が、性的なゆすりを受けていたと告白した。

彼女はハッキングソフトを自分のパソコンに仕掛けられて、1年間に渡ってプライバシーをのぞき見られていたのだった。

ある時、犯人は「その裸をばらまかれたくなければ、セックスさせろ」と脅迫メールを彼女に送りつけた。

これによって彼女はやっと自分がパソコンによって盗撮されていることを知って、すぐに警察に届け出た。逆に言うと、それがなければ彼女は永遠に盗撮され続けていたはずだった。

......