女性は、実は「女装している」と言われている。どういうことかというと、社会が求める女性らしさに自らを当てはめて、より女性らしく見えるように演じているということだ。

もちろん、多くの女性は化粧するのが好きだし、キレイになるのも好きだし、装って見つめてもらいたいと思っている。だから、女性は美しくなる。

しかし、24時間365日、ずっと装い続けるのは不可能だ。面倒だし、疲れるし、誰でも構って欲しくない時もあるだろう。

女性の多くは、そういった役割を「演じる」のが面倒だと思う瞬間や、時期があるようで、そんなとき多くの女性は「女をやめたい」と言う。

普段は社会の要請に応えて「女装」しているのだが、時に「女であることそのものをやめたい」と考えるのだ。

そして、自分が女であることを自覚しながら、「女であることを破壊したい」と無意識に思う女性もいるという。男になりたい、というのではなく、「女をやめたい」と思う。

そんな思いが高じた女性が取る「ひとつの行為」がある。

......