閲覧注意
ウクライナの暴力はまだ続いている。親露派と親欧米派が互いに血みどろの闘争を仕掛けており、そこにロシアと欧米が絡み合って国が引き裂かれて激しい暴力闘争が止まらない。

2015年5月に入っても、ロシアは親欧米派に対する圧力をますます強めており、ウクライナ東部は経済的にも軍事的にも窮地に陥っている。

すでにウクライナは諸外国の支援がないとすぐにでも崩壊する国家と化しており、このためにドイツはウクライナに対して約1800億円の融資を表明している。

しかし、これで問題は解決しない。

ウクライナ議会は5月20日、ロシアに対する債務約3600億円の支払いを拒否する法案を可決させたが、ロシアは絶対に債務を返せとウクライナに詰め寄っており、返さなければ国際裁判所に提訴すると恫喝している。

ウクライナは返す当てがない。ロシアの恫喝は、事実上ウクライナの崩壊を意図している。

......