閲覧注意
人は誰でも「怒り」という感情を持っているのだが、この感情は非常に危険なものであることは誰もが知っている。

怒りはすべてを壊し、何もかもめちゃくちゃにして後戻りできない最悪の結果をもたらす。それは自分の人生を終わらせるかもしれないほどの危険な感情なのである。

だから人はそれを制御(コントロール)することを子供の頃から学ばされる。それが成功した人間が社会生活を普通に送ることが可能になる。

どこまで怒りを制御できるかは、その人の資質による。また、ある場面では制御できても、ある場面では制御できないこともある。

たとえば、自分の劣等感やプライドを傷つけられた瞬間、タガが外れて制御できなくなることもある。

一瞬にして人を狂気に陥らせるほどの怒りにとらわれると、普段は冷静であった人でさえも怒りの爆発によって、とんでもないことをしでかす。

怒りの先には何が待っているのか。それは「暴力」だ。怒りの爆発は、自分が愛していた人ですらも破壊する。たとえば、自分の愛する人が自分を裏切っていると分かったとき、人は怒りに沸騰して破壊行動に出る。

......