閲覧注意
性的な仕事に従事している女性は、それを家族や友人や知り合いには隠したいという気持ちがある。それは当然だ。世間の風当たりは予想外に強い。

「売春や風俗に堕ちた女」と知られると、大抵は人生の落伍者のように扱われるか、不要なトラブルを背負い込む。

多くの社会学者が指摘する通り、売春する女性たちは頭が悪いかだらしがない女という先入観で見られ、彼女がどんな手荒な扱いを受けても「自業自得だ」と冷笑するようになるという。

レイプされても、ドラッグを無理やり打たれても「売春しているのだから、それくらいはどうということはないはずだ」と思われるのだ。

売春する女性がタフな神経を持っているというのは、ある一面では事実だが、すべての売春女性にそれが当てはまるわけではない。タフどころか、むしろ繊細すぎて精神的に参ってしまう女性も少なくない。

派手な格好とは裏腹に、いつも不安な気持ちを持って壊れそうになりながら生きている女性もかなり存在する。そんな女性が売春ビジネスに就いていることを必死で隠すのは理解できる。

隠すことが自分を守ることなのだ。

......