閲覧注意
アメリカで黒人男性が白人警官の銃撃で殺されるという事件が相次ぎ、その2つは現場にいた人間が映像を撮っていてインターネットに上げていた。この2つの動画を見て欲しい。

これによって黒人たちが怒り沸騰に達し、2016年7月7日の抗議デモの際、そのデモを巡視していた警官が、狙撃者に撃たれて銃撃戦となり、最終的に警察官が5人死亡するという衝撃の結末と化した。

オバマ大統領はずっと銃規制を訴えてきた大統領だが、アメリカ人は乱射事件が起きるたびに逆に銃を買い込むので、銃社会はどんどん広がっている。

今回の事件も早速「やはり銃を規制すべきだ」という声が湧き上がっている。

これに対して全米ライフル協会のラピエール副会長がすぐに会見を開き、「銃を持った悪いヤツらを止めるには、いい人間が銃を持つしかないのです」と逆に銃所持を勧める始末だった。

銃が蔓延したら、銃を使った犯罪が増えるのは当然のことだ。なぜなら、銃は「効果がある」からである。

人を殺すのは素手では並大抵のことではできないが、銃を持っていれば相手がどんなに巨漢だろうが関係ない。誰でも簡単に殺せる。

......