閲覧注意
日本では一度も結婚したことがないという筋金入りの独身が男女共に増えている。

50歳の時点で一度も結婚していない人の割合を「生涯未婚率」というのだが、2010年は男性の20%、女性の11%が未婚であったことが知られている。

しかし、だからと言って「一度も結婚を考えたことなどない」という人はほとんどいない。

結婚は自分に合わないと思って拒絶しているうちに婚期を逃したとか、自分には相手が見つかるはずがないと考えて婚期を逃した人もいる。

あるいはタイミングが合わなかったとか、仕事が忙し過ぎて相手が見つからなかったという人もいる。経済的にどうしても難しいと自らあきらめる人もいる。

中には、結婚したかったが、親に反対されて結婚できなかったという人もいる。

せっかく愛する人ができて一緒になりたいと思っても、自分の親や相手の親が強く反対する。そういうケースは数限りなく存在する。愛する人との結婚を親に反対された時、あなたはどうするだろうか?

......