閲覧注意
今、私の目の前に惨殺された何人かの女性の遺体を写した写真がある。

頭部を撃たれ、驚愕の表情を浮かべ、目を剥き出しにして流血している女性。そして、喉を掻ききられて失血して死んでしまった女性。鋭利なナイフで首を切断されてしまった女性。そして、腹部を何度も突き刺されて大量の血を流して倒れ込んで死んでしまった女性……。

そのすべての女性は、死ぬ瞬間まで自分が死ぬとは思っていなかったはずの女性である。彼女たちは死ぬ間際、恐怖と絶望と苦痛の中で精神も破壊されて死んでしまったのか。

まだ若く、まだやりたいこともたくさんあったはずなのに、無残な殺され方をしたのだから、「苦しかっただろう、悲しかっただろう。きっと無念な気持ちを抱いて死んでいったはずだ」と私たちは考える。

「こんな死に方をしたら、死ぬ間際は激しい恐怖に見舞われていたはずだ」としか私たちは思えない。それが私たちが考える死の瞬間である。

しかし、「もしかしたらそうではないのかもしれない」という私たちの漠とした思いをひっくり返す話は繰り返し聞かれるのは興味深い。

驚くべきことに、死の間際はそれがどんな残酷なものであっても恐怖と絶望ではないのかもしれないのだ。

......