巨大製薬会社のビジネスモデルというのは、新しい薬を開発して特許で固め、ライセンスが切れる20年近くの間をその薬で利益を上げるというものである。

先進国の人間が人生80年以上を享受できるようになったのは、こうした巨大製薬会社が多くの分野で薬を開発して寿命を延ばすことに成功したからでもある。

人間は誰でも怪我をしたり病気になるので、巨大製薬会社の薬に頼ったことがないという人は先進国ではほとんどいない。

薬が高くて金持ちだけしか使えないものがあるとか、ライセンスの問題で供給できない国があるとか、いろんな社会矛盾がそこに生まれている。

それでも巨大製薬会社が、人類にとって非常に重要な企業であり続けるのは間違いない。

しかし、こうした巨大製薬会社の基本的なビジネスモデルは2000年代あたりから難しいものになっていき、最近は機能しなくなりつつある。

これはファイザーやメルクと言った一企業の問題ではない。世界中のすべての製薬企業の問題だ。なぜ今までのビジネスモデルは機能しなくなりつつあるのか。


巨大資本を持った製薬企業のビジネスモデルの限界


理由は単純だ。すでに多くの基礎的な薬が開発され、応用され、広まったことによって、創薬の難易度が上がった。

単純な創薬のアイデアはほとんどが試され、どこかの会社がライセンスを持っているか、あるいはライセンスが切れてジェネリック薬が出回って儲からないかになった。

残されているのは、患者が少なくて儲けがでない分野か、創薬にかなり研究が必要な分野だけになりつつある。

創薬に莫大な研究費と時間がかかるようになり、同時に創薬の成功率も下がった。その結果、投下した研究費がすべて無駄になるケースも出てきている。

ファイザーなどはこうした状況を見越して、今までのビジネスモデルを継続しながらも、他の有力な薬剤のライセンスを持った企業をどんどん買収することによって薬のポートフォリオを増やしていく方式に切り替えている。

創薬ができなくなったから、薬を持っている会社を丸ごと手に入れて創薬したのと同じ結果を出しているのである。

巨大資本を持った製薬企業は、そうやって生き延びるようになっていくのだが、医学の発展は巨大製薬会社から出にくくなりつつある。

医学の限界が来ているのか。

巨大製薬会社の動きで見ると、確かに創薬の分野では岐路に立っているように見える。

しかし、こうした従来の創薬とは別に、細胞を分子レベルで観察して遺伝子操作や組換えを行うバイオの分野が巨大化するようになっていき、そこからも今まで考えられなかった治療薬が生まれるようにもなっている。

ギリアド・サイエンシズのC型慢性肝炎治療やエイズ予防薬などはこうしたバイオ研究から生み出された薬でもある。

バイオによる医学「ライフサイエンス」は始まったばかりであり、今後も私たちを驚かすような創薬が生まれてくる。今まで難病と言われていた特殊な病気もバイオ・テクノロジーで治療ができるようになる可能性は充分にある。

バイオ・テクノロジーの台頭とこれからの潮流


バイオ・テクノロジーの応用範囲は広い。ありとあらゆるものが研究対象になっていく。

人間を含めて、すべての生物がバイオ・テクノロジーの対象となり、これからバイオ・テクノロジーで何が生み出されるのか分からない状態だ。

生物の種類は無限に近い。組み替えできる遺伝子も無限に近い。だから、バイオの分野は今やフロンティアなのである。

生物は遺伝子情報を持っている。その遺伝子を「組み替え」ることで何か新しい生物を生み出すことができる。

意図どおりに組み替えられた生物は、新しいビジネスを生み出すというのは、害虫に強い作物を遺伝子組み換えで作り上げたモンサントを見ても分かる。

病原菌のみを攻撃する抗体、癌細胞を死滅させる抗体をバイオ・テクノロジーで作り出せれば、それは「治らない病気を治せるようになる」のだから革命的な医薬品となる。

どの分野でどんな薬が生まれるのかは分からないのだが、ペニシリンが人類の歴史を変えたように、何らかの薬がバイオ・テクノロジーから生まれてくるのは確実だ。

人類の歴史を変える創薬はバイオ・テクノロジーの分野が鍵を握っている。逆に言えば、今この分野ではゴールドラッシュが生まれつつある。

何か画期的なものが生み出させれば金持ちになることが約束されているので、多くの科学者、研究者、そして異色の分野から参入が相次いでいるのだ。

DNAやタンパク質の解析、合成などに必要な装置はどんどん価格が下がり、さらに必要な機器も3Dプリンターで作れるようになり、インターネットで研究成果もオープンソース化されて共有できるようになった。

その結果、「個人」がバイオ・テクノロジーの分野に乗り出せるようになっている。

「バイオ・ハック」が生み出すものと一抹の懸念


今まで巨大資金を持つバイオ・テクノロジー企業しかできなかった研究が、細胞生物学や医学や化学の知識を持った個人が独自で研究・開発できるようになっている。

「DIYバイオ」という個人研究を支援する団体もある。あるいは、個人のための実験装置を開発する会社もある。他にも研究施設を提供する組織も立ち上がっている。

こうした個人の研究家は、自分たちのやっていることを「バイオ・ハッキング」と呼ぶようになり、さらに自分たちを「バイオ・ハッカー」と人々に紹介するようになっている。

バイオ(生物)をハック(弄くる)人間だ。

そうした人たちの中でNASAの合成生物学者だったジョサイア・ザイナー氏は遺伝子操作で「暗闇で光るビール」を開発しているし、起業家のビル・リャオ氏は厳格な菜食主義者向けの「人工乳」を開発しようとしている。

すでにバイオ・ハックで脳機能を向上させるためのサプリメントを市場に出してビジネス化に成功したバイオ・ハッカーも登場してきている。

今までのスマート・ドラッグは覚醒剤の成分が使われていて副作用も覚醒剤並みだが、バイオ・ハッカー集団「ヌートロボックス社」が作ったサプリメントは完全に副作用のないスマート・ドラッグ「ヌートロピック」を販売している。

すでに日本でも「ヌートロピック」は手に入る。たとえば、アマゾンで買うことができる。(ヌートロピック

こうしたバイオ・ハッカーの登場は、ここ数年の話だ。

だから、まだバイオ・ハッキング分野はゴールドラッシュの初期の段階であり、歴史を変えるような人物は生まれていない。いや、その前に「バイオ・ハッカー」という存在そのものも知られていない。

しかし、世界を変えるのは時間の問題だ。今まで思いもしなかった病気に対する治療薬、あるいは想定もしなかった「何か」が発見される時は刻々と近づいている。

ただ、表もあれば裏もある。

「もし、悪意を持ったバイオ・ハッカーが人類に貢献するものを開発するのではなく、人類を破滅させるものを開発したらどうなるのか?」というものだ。

このあたりはまだ深い議論は為されていない。なぜなら、バイオ・ハッカーが登場していることすらも世間ではまだ知られていないからである。

バイオ・ハッカーは光を生み出すか闇を生み出すか。



個人の研究家は、自分たちのやっていることを「バイオ・ハッキング」と呼ぶようになり、さらに自分たちを「バイオ・ハッカー」と人々に紹介するようになっている。



〓 関連記事