2017年5月30日。フィリピンのブスアンガ島で、ふたりの日本人が行方不明になった。ひとりは大阪府出身の井谷勝さん59歳。もうひとりは茨城県出身の新井康寛さん24歳。

このふたりは島を周遊するための小型ボートでブスアンガ島コロンから海に出て近隣の島々に向かったのだが、その後ホテルに戻って来なかった。

ブスアンガ島とその周辺は小さな島々がたくさんある場所なのだが、手つかずの自然を愛する欧米人もたくさんいて、秘かな観光地になりつつある場所だった。

このふたりは「観光」でこの島を訪れていたと当初は報道されていた。この島には何もない。しかし、美しい海がある。欧米人の多くはダイビング・スポットとしてこの島を訪れる。

ふたりが予定時間になっても戻らなかったことから、ホテルの従業員は事故があったと判断し、警察に通報した。恐らく、ダイビング中に何か事故があったのではないかというのが当初の予測だった。

ところが6月2日、衝撃的な結末が明らかとなった。

ふたりの遺体がホテルから西に40キロほど離れたガロック島で発見されたのだが、遺体は背後から撃たれてバラバラにされて海に捨てられていたのだった。


「俺は何も知らない。俺はやっていない」のか?




警察は捜索に当たって、ふたりが宿泊していたブスアンガ島コロンのドン・ペドロ・ストリートにあるGMGホテルに残されていた荷物を捜査していたのだが、そこでこのふたりの荷物からあるドキュメントを発見した。

旅行保険だったのだが、それは傷害死亡の場合は1億円が降りるもので、ふたりとも保険がかけられていたので、計2億円になっていた。

保険の受け取りは法定相続人に半分、そして半分は「楽しょう合同会社」になっていた。

この楽しょう合同会社は東京都港区新橋5丁目に本社がある会社で、機械販売などをやっていたのだが、2016年から突如としてフィリピンでのリゾート開発事業に乗り出した小さな企業だった。

代表は長浜博之という55歳の男。警察が調べたところ、この男もフィリピンにいることが分かり、しかもふたりの日本人が行方不明になる直前まで一緒にいたことが判明した。

ガロック島でバラバラの遺体が発見されると、フィリピン警察はすぐにこの長浜博之という男と、さらに長浜博之と行動を共にしていた通訳を拘束した。

その直後から長浜博之とフィリピン人の通訳の話はまったく食い違うものとなっていった。

長浜博之は激しく強い調子で「俺は何も知らない。俺はやっていない。弁明の機会も与えられていない。話を聞いてくれ」とマスコミに主張した。

「私にしたら、全く身に覚えがないから、言わされているのではないかと。ポリスのストーリーじゃないかと。事件自体が捏造されていないのかと」

一方で通訳の方はこのように話している。

「彼の言うことを信じちゃ駄目だ。彼に命令されてやったんだ。長浜容疑者の言ったことは、すべて嘘です。全部、長浜容疑者が考えて、ふたりの日本人を呼んでコロンで殺してます」



長浜博之。バラバラ殺人の容疑がかかっているのだが、激しく強い調子で「俺は何も知らない。俺はやっていない。弁明の機会も与えられていない。話を聞いてくれ」とマスコミに主張した。



長浜博之という男は、いったい何者だったのか?


一方、実行犯の方だが、ふたりが6月2日に自首してきており、警察はさらに関係者を探し出して複数人を逮捕したと現地の新聞で報じられている。

6月5日の段階で逮捕されているのは長浜博之を含め計6人だが、実行犯とされている男たちは地元のギャング集団である「コマンドー・ブラザーフッド」という組織のメンバーであったと報じられている。

殺されたふたりの日本人は小型のボートに乗って島々の観光に出かけたのだが、そのボートの所有者もギャング集団「コマンドー・ブラザーフッド」の者で、その男の名前はマイケル・スアンコと言った。

彼らはふたりを乗せてガロック島に向かい、ガロック島に着いてからふたりを撃ち殺してバラバラにして、別のリゾート地に向かうエルニドに向かう途中で、バラバラの遺体を海に投げ捨てたと証言した。

長浜博之と共に逮捕されているフィリピン人の通訳はこのように話す。

「長浜容疑者は最初から保険金目当てで求人募集した。長浜容疑者は、このままでは会社がパンクすると話していた」

彼らのすべては「日本人のヤクザ、長浜博之が実行した」と主張している。日本の報道ではまったく明かされていないのだが、実は現地のローカル新聞では、長浜博之を「ヤクザである」と書いている。

本当なのだろうか。2001年の琉球新報は2001年1月19日に以下のような記事を報じていたことがある。

短銃の入手ルートを追及していた県警銃器対策課、第11管区海上保安本部などの合同捜査本部は、銃がフィリピンから営利目的で密輸入されたものとして銃刀法違反(所持)の罪で起訴され、公判中の会社役員長浜博之被告(39)=京都市=と、会社役員三好定男被告(34)=石垣市=を9日午前、同法違反(密輸入)の容疑で再逮捕した。また、別の詐欺事件で逮捕していた自営業江口則広容疑者(28)=京都市=も密輸容疑で再逮捕するとともに、共犯として山口組系暴力団幹部ら二人を全国指名手配して行方を追っている。


2001年、長浜博之はフィリピンから銃と弾薬を密輸入して、それを暴力団「山口組」に流していた男だった。





ここから形勢逆転できれば大した才能を持っている


長浜博之が過去に起こしていた銃密輸事件は、決して小さな事件ではない。それは2000年9月22日に起きた事件である。

石垣港を出たまま行方不明になっていたヨット「悠遊(ゆうゆう)」がフィリピンに行って戻ってきたところを海上保安庁が摘発した。

ここで押収された銃は86丁、実弾は1107発もあって、海上保安庁が摘発した中では過去最高の数量だったのである。

この当時の長浜博之の年齢は39歳。この頃、長浜博之はヤミ金に借りた金を焦げ付かせて返すことができず、追い詰められて銃の密輸を計画したのだった。

つまり、この男は金に困って追い詰められたら、犯罪でも何でも実行する男なのである。

2017年6月6日、フィリピン警察は長浜博之を殺人罪で起訴しているのだが、ここでさらに明らかになっているのは以下のものである。

「4月下旬にフィリピン人らに2人の殺害計画を持ちかけていた。5月中旬に詳細な計画が説明され、後日、実行役のギャング集団コマンドー・ブラザーフッドに計25万ペソ(約55万円)が支払われた」

フィリピン警察側に立ったストーリーを総合すると、このようになる。

『フィリピンからの銃密輸入の前科を持つ長浜博之は、出所後「楽しょう合同会社」を設立し、2016年にフィリピン・リゾートの部門を立ち上げるのだが、2017年にはすでに行き詰まっており会社は潰れそうになっていた。そこで保険金殺人を思い立ち、現地にレストランやスパを立ち上げるという名目で募集をかけたらふたりの日本人が応募してきたので、この日本人に保険金をかけて現地のギャングに殺害を依頼した』

これを長浜博之は「100%訳が分からない。事件自体が捏造」と言い張っている。長浜博之は今のところ、まだ容疑者であるのは間違いない。

だから犯人と決めつけるのはまだ早いが、状況は限りなく悪いのは事実だ。ここから形勢逆転できれば、長浜博之も大した才能を持っていると言える。

フィリピン警察はワイロが効く。たとえば担当の警察官や裁判官に「入った保険金を山分けにしよう」と交渉できれば、あるいは道が開けるかもしれない。

長浜博之がどこまでワルなのか、あるいはワルでも限界があるのか、それを見つめるのはアンダーグラウンドに棲む人間には良い社会勉強になるはずだ。

何にしろ、殺されてしまったお二人には冥福を祈りたい。海外での新しい生活を夢見ていたはずだ。下手な人間に関わって不幸なことになってしまった。



殺された被害者のふたり。海外での新しい生活を夢見ていたはずだ。下手な人間に関わって不幸なことになってしまった。


二人が最後に泊まっていたホテル。ここに長浜博之も泊まっていた。自分たちが殺される運命であるとは知らなかったはずだが、殺される前日はふたりとも暗い顔をしていたという。


〓 関連記事